は、風疹ゼロプロジェクトを応援しています。

2月は"風疹ゼロ"月間

2月4日は、風疹ゼロプロジェクトデー

『“風疹ゼロ”プロジェクト』とは、 公益社団法人 日本産婦人科医会が、 先天性風疹症候群児の出生をゼロにし、 風疹の完全抑制を目標とした活動を進めており、 2017年夏、厚生労働省をはじめ、 行政、各種団体等の理解、支援のもと、 『“風疹ゼロ”プロジェクト』を立ち上げたものです。 感染症・予防接種ナビでは、 “風疹ゼロ”プロジェクトを応援するため、本サイトを立ち上げました。

【“風疹ゼロ”プロジェクトメッセージ2018】

2月4日は“風疹(ゼロ)の日”―『“風疹ゼロ”プロジェクト』―を進めましょう。

風疹にご注意! わが国では風疹流行のリスクはいまだに消えていません!

1.海外にでかけるなら風疹の用心と万全の対策を!

2.海外から帰国後の体調異変はもしかしたら風疹かも!診察をうけてから職場へ

3.30〜50代の男性は風疹への抵抗力が弱い人が多く、 ぜひMRワクチンを接種してください(かかりつけ医、職場健康相談で尋ねてください)。

4.妊娠を考えているおふたりへ、風疹対策は大丈夫ですか? 予防接種は妊娠前に忘れずに!(各市町村で風しん抗体検査助成事業が実施されています‐詳しくは保健所へ)

■公益社団法人 日本産婦人科医会「“風疹ゼロ”プロジェクトホームページ」

風しんとは

 風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。 症状は、症状が現れない不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、臨床症状のみで風しんと診断することは困難な疾患です。 風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、出生児が先天性風疹症候群を発症する可能性があります。 男女ともにワクチンを受けて、まず風しんの流行を抑制し、女性は感染予防に必要な免疫を妊娠前に獲得しておくことが重要です。
詳しくはこちら

先天性風しん症候群とは

 免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風疹症候群 (CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。
詳しくはこちら

風しんの予防接種

詳しくはこちら

風しんQ&A

 妊娠初期の女性が風しんにかかると、 生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になる確率妊娠1か月で50%以上。 赤ちゃんが生まれながら持つ病気「先天性風しん症候群」。 この病気から未来の赤ちゃんを守るために、妊娠を望む女性はもちろん、 みんなでその症状や原因を理解し、風しんを予防していくことが大切です。

先天性風疹症候群と風疹

リンク集

風しんについて(厚生労働省)
風しん最新情報(国立感染症研究所)
風しん予防啓発ポスター(国立感染症研究所)
風しんと先天性風疹症候群Q&Aのパンフレット(日本産婦人科医会)
海外での風しん対策の現状(国立感染症研究所)
海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所FORTH)
政府インターネットテレビ
生まれてくる赤ちゃんのために〜「風しん」拡大を食い止める!
職場における風しん対策ガイドライン(国立感染症研究所)
風疹をなくそうの会『hand in hand』
 

体験談・クチコミ

まだ投稿された経験談がありません。
クチコミ投稿する
ルベラ

風しんウイルス

「ルベラ」

性格

オリンピックまでに日本から排除されようとしている「ルベラ」
妊娠初期のお腹の赤ちゃんに攻撃を加えようとしている。
働き盛りの男性が中心となって赤ちゃんを守らないと守れない。


出演

  • インターネットサイト「感染症・予防接種ナビ」
  • プロジェクトサイト「風疹ゼロプロジェクト」
  • 知ってアクション!感染症の予防

詳しくはこちら

ポスターリンク

ポスター

厚生労働省

ポスター

厚生労働省

ポスター

厚生労働省

ポスター

厚生労働省

ポスター

厚生労働省

リーフレットリンク

リーフレット

厚生労働省

リーフレット

厚生労働省

リーフレット

厚生労働省

リーフレット

厚生労働省

コンテンツ協力

  • 厚生労働省 健康局 結核感染症課
  • "風疹ゼロ"プロジェクト
  • 風疹をなくそうの会『hand in hand』
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)成育疾患克服等総合研究事業『本邦の先天異常発生状況の推移とその影響要因に関する研究』斑(研究開発代表者:平原 史樹)
  • 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 (AMED)感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究(研究代表者:大石和徳)」「ワクチンの有効性安全性、啓発に関する研究(分担研究者:岡部信彦)」

制作協力

制作・運営