「風しん」とは

 風しんは、風しんウイルスが引き起こす感染症です。

 風しんは、感染者の風しんウイルスを含んだ咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき = 飛沫を吸い込むことで、感染します。


 風しんは、春先から初夏にかけて流行します。

 潜伏期間は2週間から3週間。

 インフルエンザなどに比べて、とても感染力が強いのが特徴で、症状としては、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどがあります。


 また、大人が発症すると発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。

 ちなみに特効薬はなく、対症療法が中心になります。


医事監修:国立感染症研究所感染症疫学センター第三室室長 多屋馨子氏
協力:田辺三菱製薬、制作協力:日テレアックスオン、制作著作:広島テレビ
更新:2015/11/22