「感染症・予防接種ナビ」は、広島テレビ放送が運営しており、厚生労働科学研究「ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究」(研究代表者・鈴木基)の 「ワクチンの有効性、安全性、啓発に関する研究」(研究分担者・岡部信彦)の研究活動の一部に協力しています。
子育てに欠かせない「正しく信頼できる」感染症情報の発信と予防接種の啓発を、公的機関や専門医の監修と取材協力のもと、分かりやすく伝えるサイトです。
国民の皆様が「正しく知って正しくアクション」することを願っています。

新型コロナウイルス感染症

2019年末頃より「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」が中国の武漢市を中心に出現し、世界中で患者数が増加しています。

新型コロナウイルス感染症 関連記事はこちら
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策の情報はこちら

感染症ニュース

【RSウイルス感染症】季節外れの流行に注意 コロナと似た症状も

 RSウイルス感染症が季節外れの流行をみせています。

北陸地方でも増加傾向 人流とともに拡大する恐れも

 例年では、秋から冬にかけて流行しますが、現在、九州を中心に各地で感染者が増加しています。国立感染症研究所の発表によると、先週(3/29〜4/4)に比べ、今週(4/5〜4/11)は、富山や石川など北陸地方でも感染者の増加がみられます。新型コロナウイルスと同様、人の動きによって感染が拡大することから、今後の感染者数の推移に注意してください。

コロナと似た症状で見分けがつかないケースも

 RSウイルスに感染すると、発熱や鼻水などが数日続き、重い場合には咳がひどくなったり呼吸が苦しくなることがあります。このような症状は、新型コロナウイルス感染症と似ているため、見分けがつかず即時の診断が難しいケースもあります。

 大阪など新型コロナウイルスの流行地域では、小さなお子さんに呼吸器症状や発熱がみられる場合は、かかりつけ医に相談したほうがよいと思います。

コロナと同様に手洗いやマスクの徹底を

 RSウイルス感染症の感染経路は新型コロナウイルス感染症と同様、飛沫感染や接触感染です。ワクチンはまだ実用化されていないため、手洗い、うがい、咳エチケット(マスクの着用)を徹底し、予防しましょう。

感染症予防接種ナビでは、みなさまからRSウイルス感染症の経験談を募集しています。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
感染症ニュース一覧
予防接種における間違いを防ぐために

注意してほしい感染症

2021年4月期

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
RSウイルス感染症
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)
ロタウイルス感染症

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較

インフルエンザ
咽頭結膜熱
溶連菌感染症
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR2021年第14週(2021年4月5日〜2021年4月11日)

流行の様子

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) RSウイルス感染症 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 ロタウイルス感染症
 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

2度目となる緊急事態宣言が全国で解除され、各地で感染の再拡大(リバウンド)がみられます。
また、多くの地域で確認されているウイルスの変異株にも注意が必要です。この変異株について分かっているのは、既存のウイルスに比べ10代以下の感染者が多いということです。これまでは40代から50代の男性が家庭内に持ち込むケースが多くみられましたが、今後はお子さんを経由して家庭内感染することも増えるかもしれません。
基本的な感染予防策である、3密の回避、マスクの着用、手洗いに加え、学校・保育園・幼稚園などの新たな感染経路に対しても注意が必要です。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

RSウイルス感染症

報告数
北海道
3
青森
46
岩手
48
宮城
12
秋田
23
山形
11
福島
7
茨城
2
栃木
32
群馬
0
埼玉
7
千葉
1
東京
37
神奈川
15
新潟
1
富山
85
石川
32
福井
1
山梨
0
長野
0
岐阜
2
静岡
67
愛知
61
三重
1
滋賀
7
京都
35
大阪
405
兵庫
81
奈良
23
和歌山
0
鳥取
0
島根
0
岡山
1
広島
53
山口
40
徳島
2
香川
0
愛媛
1
高知
1
福岡
555
佐賀
149
長崎
156
熊本
211
大分
14
宮崎
297
鹿児島
23
沖縄
7
例年、夏から秋にかけて流行しますが、今年に入ってから感染者数の増加がみられ、季節外れの流行となっています。今後の推移に注意が必要です。ここ数年は大きな流行が見られなかったため、初めて感染するお子さんも多く、一度流行すると長期に渡る可能性が高いです。特に乳幼児を持つご家族は、お子さんの健康状態に変化を感じたら、早めにかかりつけ医などに相談しましょう。
RSウイルスに感染すると、発熱、鼻汁などの上気道炎症状が数日間続き、初感染した小児の20〜30%にその後、下気道症状があらわれると言われています。乳幼児期においては特に注意が必要な疾患であり、生後数週間〜数か月間の時期においては、下気道の炎症を中心とした重篤な症状を引き起こすことがあります。
感染経路は飛沫感染と接触感染です。咳などの呼吸器症状がある場合は、飛沫感染対策としてマスクを着用して子どもたちに接することが大切です。接触感染対策としては、子どもたちが日常的に触れるおもちゃや手すり等をこまめにアルコールや塩素系消毒剤等で消毒し、流水・石鹸による手洗い又はアルコール製剤による手指の衛生を徹底してください。
情報元:IDWR2021年第14週(2021年4月5日〜2021年4月11日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症) は学童期の小児に最も多く、学校などの集団生活で気をつけてほしい感染症です。春休みが明け、新学期が始まることで感染者数が増加する可能性が考えられます。
感染すると、2日から5日の潜伏期間の後に発症し、突然38度以上の発熱、全身の倦怠感、喉の痛みなどが現れ、しばしば嘔吐を伴います。また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。まれに重症化し、全身に赤い発疹が広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」になることがあります。
主な感染経路は、発症者もしくは保菌者(特に鼻咽頭部に保菌している者)の咳やくしゃみなどによる飛沫感染と細菌が付着した手で口や鼻に触れることによる接触感染です。
ワクチンは、まだ実用化されていません。感染の予防には、手洗い、うがい、咳エチケットなどが有効です。
情報元:IDWR2021年第14週(2021年4月5日〜2021年4月11日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

ロタウイルス感染症

ロタウイルス感染症は、年齢にかかわらず何度でも感染しますが、4〜5歳までにほとんどの子どもが感染します。現在は、ワクチンの普及により感染者数自体は減っていますが、近年は3月〜5月に流行のピークを迎えるため、動向には注意してください。
主な症状は、嘔吐と下痢、発熱です。初感染時が最も重症で、その後感染を繰り返すにつれて軽症化し、不顕性感染(感染しても症状が出ないこと)も多くみられます。嘔吐は特徴的症状で突然起こり、これを契機に医療機関を受診するケースが多く見られます。下痢は水様性から泥状です。罹患児の半数近くにみられる白色〜黄白色便は特徴的ですが、同様の色調はノロウイルス感染症についてもみられるため注意が必要です。発熱の持続は2日を超えることは少なく、多くが半日〜1日です。
間接接触による感染が多いことから、罹患児の隔離、感染源である糞便やおむつの適切な処理、衛生的な手洗い(特に、母親と医療従事者)、汚染された衣服の次亜塩素酸消毒などを徹底する必要があります。
情報元:日本学校保健会
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ

予防接種トピックス

感染症発生動向調査による小児科定点(約3,000か所)、インフルエンザ(小児科・内科)定点(約5,000か所)からの報告数に基づいたデータ解析によります。
感染症発生動向調査とは(厚生労働省ホームページより)
すこやか201 知ってアクション!感染症の予防
すこやか2019 知ってアクション!感染症の予防

予防接種スケジュール

※国立感染症研究所サイト

インフルエンザ情報

情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
3/22〜3/28(2021年第12週)のインフルエ ンザの1週間当たりの推定患者数は約330人と、前週( 約230人)よりもやや増加しました。しかし、例年の同 時期と比較して患者数が極めて少ない状態が続いているこ とに変わ・・・
+全文表示
3/22〜3/28(2021年第12週)のインフルエ ンザの1週間当たりの推定患者数は約330人と、前週( 約230人)よりもやや増加しました。しかし、例年の同 時期と比較して患者数が極めて少ない状態が続いているこ とに変わりありません。今シーズンはインフルエンザが流 行する兆候はみられず、1999年に施行された感染症法 に基づく発生動向調査が始まって以来、「流行が認められ なかった初めてのシーズン」となる見通しです。 (更新:4/1) (監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染 症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏)
−閉じる
こどもの救急
あいち健康ナビ