感染症・予防接種ナビは、平成28年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)「ワクチン接種と稀ながら発生する副反応に関する研究」(研究代表者・多屋馨子)の 「ホームページを活用した予防接種後副反応アンケート調査」(研究分担者・安井良則)の研究活動に協力しています。

感染症ニュース

RSウイルス感染症急増 過去10年間の同時期と比較し最多 <乳幼児は特に注意>

 9月に入りRSウイルス感染症の報告数が急増してきています。

 過去10年間の同時期と比べ過去最多となっており、今後、乳幼児の育児に携わっている方は特に注意が必要です。

 生後1か月未満でも感染する可能性があり、無呼吸の原因になることがありますので、乳児のいるご家庭は注意してください。

地域別情報

 2016年第35週(8/29〜9/4)の速報データによると、全国での報告数は2,725件。報告数が最も多いのは東京都(312件)、次いで大阪府(190件)、北海道(159件)、神奈川県(156件)、福岡県(135件)となっています。

概要

 RSウイルス感染症は、病原体であるRSウイルスが伝播することによって発生する呼吸器感染症です。年齢を問わず、生涯にわたり顕性感染を繰り返し、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の小児がRSウイルスの初感染を受けるとされています。

 乳幼児期においては非常に重要な疾患であり、特に生後数週間〜数か月間の時期においては母体からの移行抗体が存在するにもかかわらず、下気道の炎症を中心とした重篤な症状を引き起こします。

感染経路

 飛沫感染と接触感染です。感染力が強く、また生涯にわたって何度も顕性感染を繰り返すといわれています。年長者の再感染例等では典型的な症状があらわれず、RSウイルス感染と気付かれない軽症例も多数存在することから、家族間の感染や乳幼児の集団生活施設等での流行を効果的に抑制することは困難である場合が多いです。

速やかにかかりつけ医へ行く症状

・息がゼイゼイと呼吸が苦しそうになる
・咳で何回も夜中に起きる
・熱が下がっても症状が改善されない
・咳込んで嘔吐してしまう

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
更新:2016/09/16
感染症ニュース一覧
予防接種における間違いを防ぐために

注意してほしい感染症

2016年9月期

RSウイルス感染症
マイコプラズマ肺炎
麻しん(はしか)
溶連菌感染症

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較

インフルエンザ
咽頭結膜熱
溶連菌感染症
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR2016年第36週(2016年9月5日〜2016年9月11日)

流行の様子

RSウイルス感染症 マイコプラズマ肺炎 麻しん A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
 

RSウイルス感染症

報告数
北海道
155
青森
56
岩手
87
宮城
96
秋田
10
山形
35
福島
90
茨城
52
栃木
51
群馬
124
埼玉
165
千葉
185
東京
449
神奈川
237
新潟
200
富山
51
石川
48
福井
11
山梨
10
長野
15
岐阜
22
静岡
67
愛知
46
三重
46
滋賀
7
京都
45
大阪
237
兵庫
85
奈良
21
和歌山
18
鳥取
20
島根
26
岡山
29
広島
74
山口
39
徳島
48
香川
15
愛媛
25
高知
6
福岡
96
佐賀
7
長崎
30
熊本
56
大分
16
宮崎
92
鹿児島
36
沖縄
11
9月に入り、患者数が急増し、流行が本格化してくると思われます。
今後、冬に向けてRSウイルス感染症には十分ご注意ください。
情報元:IDWR2016年第36週(2016年9月5日〜2016年9月11日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

マイコプラズマ肺炎

すでに2012年以来の大きな流行になっていますが、9月に入り患者数は増加すると予想されます。
マイコプラズマ肺炎の流行には今後もご注意ください。
情報元:IDWR2016年第36週(2016年9月5日〜2016年9月11日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

麻しん

日本国内で麻しんのアウトブレイクが発生しています。
1歳を超えていて、MRワクチンなどの麻しん含有ワクチンを接種されていないお子さまは、ただちにワクチンを接種しましょう。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

夏休みが終わり、2学期に入り患者数は増加してくると思われます。
情報元:IDWR2016年第36週(2016年9月5日〜2016年9月11日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
子育て応援団アプリ

予防接種トピックス

感染症発生動向調査による小児科定点(約3,000か所)、インフルエンザ(小児科・内科)定点(約5,000か所)からの報告数に基づいたデータ解析によります。
感染症発生動向調査とは(厚生労働省ホームページより)
すこやか2016 知ってなっ得!感染症の予防
予防接種チェックリスト

予防接種スケジュール

※国立感染症研究所サイト

インフルエンザ情報

情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
更新:6/15◇流行のようす/薬局サーベイランスによ ると、6月14日のインフルエンザ推定患者数は285人 でした。 6月6日〜6月12日のインフルエンザ推定患者数は37 10人で、前週の4860人に比べ、減少しています。
+全文表示
更新:6/15◇流行のようす/薬局サーベイランスによ ると、6月14日のインフルエンザ推定患者数は285人 でした。 6月6日〜6月12日のインフルエンザ推定患者数は37 10人で、前週の4860人に比べ、減少しています。
−閉じる
こどもの救急
あいち健康ナビ