感染症・予防接種ナビは、平成28年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)「ワクチン接種と稀ながら発生する副反応に関する研究」(研究代表者・多屋馨子)の 「ホームページを活用した予防接種後副反応アンケート調査」(研究分担者・安井良則)の研究活動に協力しています。

感染症ニュース

<感染性胃腸炎>報告数は前週よりやや減少するも流行状態は維持

 感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症等)の定点あたり報告数は、過去5週連続での増加からやや減少に転じていますが流行状態は維持、今後も流行が続く可能性が高いです。

地域別情報

 2016年第47週(11/21〜11/27)の速報データによると、定点当たり報告数が最も多いのは宮城県、次いで山形県、三重県、東京都、埼玉県となっています。

症状

 主な症状は、はき気、おう吐及び下痢です。通常は便に血液は混じりません。あまり高い熱とならないことが多いです。小児ではおう吐が多く、おう吐・下痢は一日数回からひどい時には10回以上の時もあります。

 感染してから発病するまでの「潜伏期間(せんぷくきかん)」は1〜2日と他の感染症と比較して短い方であり、症状の持続する期間も数時間〜数日(平均1〜2日)と比較的短期間です。

 既に他の病気があったり、大きく体力が低下している等がなければ、重症化して長い間入院しなければならないことはまずありませんが、ごくまれにおう吐した物を喉に詰めて窒息(ちっそく)することがありますので注意してください。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
更新:2016/12/9
感染症ニュース一覧
予防接種における間違いを防ぐために

注意してほしい感染症

2016年12月期

インフルエンザ
ノロウイルス感染症
RSウイルス感染症
マイコプラズマ肺炎

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較

インフルエンザ
咽頭結膜熱
溶連菌感染症
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR2016年第47週(2016年11月21日〜2016年11月27日)

流行の様子

インフルエンザ(季節性) ノロウイルス感染症 RSウイルス感染症 マイコプラズマ肺炎
 

インフルエンザ(季節性)

例年と比べて流行の立ち上がりが非常に早く、12月には本格的な流行になる可能性が高いです。
情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

ノロウイルス感染症

昨年、一昨年とは異なり、12月には大きな流行となる可能性があります。
※図は、感染性胃腸炎(ノロ・ロタ等)を表示しています。
情報元:日本学校保健会
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

RSウイルス感染症

報告数
北海道
202
青森
29
岩手
43
宮城
39
秋田
39
山形
38
福島
115
茨城
30
栃木
32
群馬
20
埼玉
58
千葉
38
東京
85
神奈川
51
新潟
83
富山
37
石川
16
福井
59
山梨
26
長野
114
岐阜
68
静岡
94
愛知
195
三重
51
滋賀
52
京都
57
大阪
383
兵庫
177
奈良
44
和歌山
50
鳥取
52
島根
40
岡山
34
広島
82
山口
69
徳島
112
香川
41
愛媛
73
高知
21
福岡
146
佐賀
26
長崎
47
熊本
60
大分
56
宮崎
18
鹿児島
15
沖縄
5
12月いっぱいはRSウイルス感染症の流行に注意が必要です。
情報元:IDWR2016年第47週(2016年11月21日〜2016年11月27日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

マイコプラズマ肺炎

4年ぶりの大きな流行が続いています。12月いっぱいはご注意ください。
情報元:IDWR2016年第47週(2016年11月21日〜2016年11月27日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
子育て応援団アプリ

予防接種トピックス

感染症発生動向調査による小児科定点(約3,000か所)、インフルエンザ(小児科・内科)定点(約5,000か所)からの報告数に基づいたデータ解析によります。
感染症発生動向調査とは(厚生労働省ホームページより)
すこやか2016 知ってなっ得!感染症の予防

予防接種スケジュール

※国立感染症研究所サイト

インフルエンザ情報

情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
【流行の立ち上がりは最も早い状態が継続しており、12 月中旬には本格的な流行となることが予想される】更新: 12/6 ◆流行のようす◆薬局サーベイランスによると2016年 第48週(11月28日〜12月4日)の推定患者数は1 ・・・
+全文表示
【流行の立ち上がりは最も早い状態が継続しており、12 月中旬には本格的な流行となることが予想される】更新: 12/6 ◆流行のようす◆薬局サーベイランスによると2016年 第48週(11月28日〜12月4日)の推定患者数は1 01,128人で、第33週以降16週間連続して増加が 続いています。また、第49週の月曜日(12月5日)の 推定患者数は28,123人と、今シーズンこれまでの1 日の患者数の最高値を1万人近く上回っており、インフル エンザの患者数は今後も更に増加するものと思われます。 ◆都道府県別情報◆人口1万人当たりの1週間の推定受診 者数※は、富山県、福井県、北海道、栃木県、沖縄県、岩 手県、秋田県、広島県、群馬県、東京都、山形県、山梨県 、兵庫県の順となっています。 ◆年齢群別情報◆今シーズン累積の推定患者数は339, 407人で、年齢群別では5〜9歳(14.0%)、10 〜14歳(13.2%)、40〜49歳(13.0%)、 30〜39歳(12.1%)、20〜29歳(10.2 %)、15〜19歳(8.8%)、50〜59歳(8.4 %)、0〜4歳(8.1%)の順となっています。 ※各都道府県別、人口1万人当たりの1週間の推定受診者 数は、各都道府県のインフルエンザ流行指標です。 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染症 研究所感染症疫学センター客員研究員・安井良則
−閉じる
こどもの救急
あいち健康ナビ