感染症  予防接種  アラート 経験談

感染症・予防接種ナビとは
びせいぶつ芸能社
新型コロナウイルス感染症
2019年末頃より「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」が中国の武漢市を中心に出現し、世界中で患者数が増加しています。
新型コロナウイルス感染症
関連記事はこちら
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策
の情報はこちら
新型コロナウイルス
感染予防啓発素材をダウンロード
トピックス
トピックス一覧
感染症ニュース
【シリーズ新型コロナ後遺症】コロナ後頭痛の高校生が脳梗塞? 咳・痰・頭痛・倦怠感など 臨床医が症状別治療法を解説I【第五回】
 新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)。

 未だ原因が不明な点も多くあり、世界的に調査研究が進められています。

 症状の多くは、時間の経過と・・・
+全文表示
 新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)。

 未だ原因が不明な点も多くあり、世界的に調査研究が進められています。

 症状の多くは、時間の経過とともに改善することが多くある一方で、一部の方に長引く症状があることも分かってきました。

 シリーズ第5回となる今回からは、広島市立広島市民病院の松村俊二・総合診療科部長に、これまでのお話しして頂いた症状の現状での治療法、お話に出なかった症状などについて解説していただきます。

咳・痰 漢方薬の効果があるケースも

 感染症による炎症で細い気管支がふさがったり組織が固くなったりすることで、咳が長引くことがあります。コンコンという乾いた咳もあれば、ゼーゼーというアレルギー性の咳もあります。

 治療としては一般的な咳止めや去痰薬、喘息などに用いる吸入薬が有効です。抗不安作用を持つ半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)など漢方薬の併用も効果がある場合があります。子供さんは服用量を量を大人の4分の1から2分の1に減らしてください。

 また、レントゲンやCT検査などで異常が見られない場合には、精神・心理的要因が原因かもしれません。

倦怠感、筋肉痛・関節痛 十分な休息を

 第2回でもお話ししましたが、一番効果的なのは十分な休息を取ることです。無理して職場復帰すると余計に悪化して起き上がれなくなることもあります。職場などと相談して休職し、体調を見ながら徐々に復帰することを勧めます。薬物治療をするなら、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などの漢方薬を使います。

 筋肉痛などには鎮痛剤を服用し、抑うつ状態が見られる場合には、精神科に相談して抗うつ薬を処方することもあります。

 また、感染でホルモンの分泌が少なくなると、うつ症状や倦怠感、筋力低下など、更年期障害と同じ症状が出ます。この場合は亜鉛製剤や補中益気湯などの漢方薬を使います。症状が強い場合は、泌尿器科や婦人科と相談して、ホルモン補充療法を行うこともあります。

頭痛 長引く場合は検査を

 当院に「コロナは治ったのに頭痛が収まらず、学校に行けない」という高校生の患者さんが来られました。CT検査の結果、脳梗塞を起こしていることが分かり「まさか、こんな若い人が」とびっくりしました。コロナにかかってから6ヵ月以内は、脳梗塞や脳出血を発症することがありますので、頭痛が長引く場合は若い方でも油断せず、検査を受けるようにしてください。

まとめ

 コロナ後遺症は、感染と後遺症の因果関係が不明な場合も多くあります。

 一方、診察にあたる松村医師は、診察での経験から、体調不良が治まらない方へ医療機関で検査を行うよう呼び掛けています。

 自治体によっては、コロナ後遺症についての相談窓口を設けている所もあります。

 体調に不安を感じている方は、行政機関やかかりつけ医に相談してみてはいかがでしょうか。

 「感染症・予防接種ナビ」では、医師との研究活動の一環として、コロナ後遺症の経験談を募集しています。

 また、コロナ後遺症について詳しく知りたい方は、広島県医師会が2022年9月に発行した「救急小冊子 知っておきたい新型コロナウイルス感染症の後遺症」をご覧下さい。

取材:広島市立広島市民病院 松村俊二総合診療科部長
参照:救急小冊子 知っておきたい新型コロナウイルス感染症の後遺症(広島県医師会)

−閉じる
感染症ニュース一覧
動画で解説
ワクチンで感染症から身を守ろう!
もっと見る
注意してほしい感染症
2023年1月期
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
過去5年間の同時期との比較
インフルエンザ
咽頭結膜熱
溶連菌感染症
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
マイコプラズマ肺炎
かなり多い
やや多い
平均水準
やや少ない
かなり少ない
情報元:IDWR 2023年第2週
2023年1月9日〜2023年1月15日
流行のようす
感染症/経験談情報
全ての経験談を見る
予防接種トピックス
予防接種スケジュール
スケジュールを見る
アクセスランキング
※2022年12月 月間アクセス
インフルエンザ情報
情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
インフルエンザ患者の報告増加に伴い、全国各地で注意報 や警報が発表されています。2023年1月20日に厚生 労働省が発表した「インフルエンザに関する報道発表資料 令和5年第2週」によると、2023年第2週(1/9〜 1/15)のインフルエンザ定・・・
+全文表示
インフルエンザ患者の報告増加に伴い、全国各地で注意報 や警報が発表されています。2023年1月20日に厚生 労働省が発表した「インフルエンザに関する報道発表資料 令和5年第2週」によると、2023年第2週(1/9〜 1/15)のインフルエンザ定点あたりの報告数は全国で 7.37と前週(1/2〜1/8)の4.73から増加し ています。沖縄県では1定点医療機関あたりの患者報告数 は33.23となり、警報基準の30人を超えました。 沖縄県は、2023年1月19日に、今シーズン全国初の インフルエンザ警報を出しています。その他、福岡・佐賀 宮崎・長崎・鹿児島や大阪で注意報レベルとなっています また、定点辺りの報告数は、東京やその周辺の関東でも増 えています。感染症の専門医で、大阪府済生会中津病院の 安井良則医師は「インフルエンザは今後どこまで増えるか は予測がつきませんが、感染者の数は更に増え、警報基準 に達する可能性もじゅうぶんにあります。 九州・沖縄や 東京・大阪といった大都市とその周辺でも報告数は増えて います。2月上旬辺りまで警戒が必要です」としています
−閉じる