「感染症・予防接種ナビ」は、広島テレビ放送が運営しており、厚生労働科学研究「ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究」(研究代表者・鈴木基)の 「ワクチンの有効性、安全性、啓発に関する研究」(研究分担者・岡部信彦)の研究活動の一部に協力しています。
子育てに欠かせない「正しく信頼できる」感染症情報の発信と予防接種の啓発を、公的機関や専門医の監修と取材協力のもと、分かりやすく伝えるサイトです。
国民の皆様が「正しく知って正しくアクション」することを願っています。

新型コロナウイルス感染症

2019年末頃より「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」が中国の武漢市を中心に出現し、世界中で患者数が増加しています。

新型コロナウイルス感染症 関連記事はこちら
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策の情報はこちら

感染症ニュース

【感染症ニュース】70代女性が死亡 熱が下がらずしんどい ダニ媒介の「日本紅斑熱」とは?

 2022年6月20日、広島県内で、今年初めてとなる「日本紅斑熱」による死亡例が報告されました。

 死亡したのは70代の女性で、農作業中にマダニ類に咬まれたものと見られています。

広島県で死亡例 マダニに注意

 広島県によると、死亡した女性の身体には、マダニ類が吸着した跡である「刺し口」があり、「日本紅斑熱リケッチア」陽性が死亡後に検体から確認されました。

 女性は、発熱・発疹・血小板減少などの症状がみられ、発症から7日目に亡くなったということです。

 日本紅斑熱は、「リケッチア・ジャポニカ(Rickettsia japonica)」と呼ばれる病原体を持ったマダニ類に咬まれることによって感染しますが、ヒトからヒトへの感染はありません。

 リケッチアを保有するマダニに咬まれて2〜8日の潜伏期間後、頭痛・悪寒を伴い急激に高熱(38〜40℃)が出た後、やや遅れて、全身に米粒大から小豆大の紅斑(こうはん)が出現します。

 発疹部にかゆみや痛みが無いのが特徴だということです。

 また、近年、国内では、年間200件を超える発生報告があり、死亡者も報告されています。

 患者の発生は媒介ダニの活動が活発化する4〜10月に見られ、特に9月、10月に多いとされます。
 
 これからの季節、農作業や登山などでは、咬まれないよう注意が必要です。

感染症の専門医は

 感染症の専門医で、大阪府済生会中津病院の安井良則医師は、「日本紅斑熱の患者は、広島のほか、大阪・兵庫などでも、今年に入って確認されています。

仕事やキャンプ・登山などで野山に入ったあと、発熱・発疹があり、刺し口が確認された場合は、日本紅斑熱を疑う必要があります。

 症状は、熱が下がらずしんどい状態が続き、きちんとした診断と治療がなければ命に関わる場合もあります。

 治療には、テトラサイクリン系の抗菌薬が効果があるとされています。

 不安な方は医療機関を受診してください。

 また、野山に入る際は、皮膚の露出が少なくなるよう、長袖・長ズボンを着用し、ダニ除けに効果のある防虫スプレーをこまめに使ってください。」とのことです。

 マダニには、年齢は関係なく咬まれる可能性があります。

 治療薬もある感染症なので、野山に入った後で、体調に不安を感じた方は医療機関を受診してください。

対策

 ワクチンはないため、媒介ダニの刺咬を防ぐことが極めて重要である。また、発生時期および発生地を知り、野山など感染するおそれがある地域に立ち入らないことが重要である。

 なお、農作業や森林作業でやむを得ず立ち入る際には、

(1) 長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かない
(2) ダニ忌避剤を使用する
(3) 作業後早めに入浴し、ダニの付着について確認を行うことが大切である。


日本紅斑熱 厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522_00001.html

取材:大阪府済生会中津病院 安井良則医師
感染症ニュース一覧
予防接種における間違いを防ぐために

注意してほしい感染症

2022年6月期

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
咽頭結膜熱
腸管出血性大腸菌感染症
梅毒

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較

インフルエンザ
咽頭結膜熱
溶連菌感染症
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR2022年第23週(2022年6月6日〜2022年6月12日)

流行の様子

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 咽頭結膜熱 腸管出血性大腸菌感染症 梅毒
 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

 5月25日の新型コロナの専門家会議では「沖縄県における新規感染者数は、減少傾向が見られるものの全国で最も高い状況が続いている。それ以外の地域においても、今後の感染者数の推移に引き続き注意が必要」としています。新型コロナはBA.2(オミクロン株の別系統)にほぼ置き換わっており、感染力が強いということから、マスクの着用、手指衛生、こまめな換気といった基本的な感染対策をしっかりすることが大切です。一方、専門家会議ではマスクの着用について「屋外で周囲の人と距離が十分に確保できるような場面であったり、屋外で周囲との距離が十分に取れない場面でも、周囲で会話が少ない(又はほとんどない)ようであれば、これまでどおり、マスク着用は必ずしも必要ない。ただし、屋外でも人混みでは適宜着用することが必要。また、未就学児についてはマスク着用を一律には求めず、無理に着用させないこと等について、周知内容をより明確にした上で、幅広く周知・徹底を行っていくことが必要」との見解を示しています。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

咽頭結膜熱

 アデノウイルスを原因とする感染症で、ゴールデンウィーク以降、患者報告数は増えています。英国では原因不明の小児肝炎から多く検出されたウイルスとして、調査が続いています。国内では、原因不明の小児肝炎の確定例は今のところないとされていますが、夏に向けてアデノウイルスを原因とする感染症に注意が必要です。
 咽頭結膜熱は、例年6月から7月にかけて流行がピークを迎える感染症です。症状は風邪とよく似ていますが、発熱、咽頭痛、結膜炎です。発熱は5日間ほど続くことがあります。眼の症状は一般的に片方から始まり、その後、他方に症状があらわれます。高熱が続くことから、新型コロナウイルス感染症とも間違えやすい症状です。吐き気、強い頭痛、せきが激しい時は早めに医療機関に相談してください。感染経路は、主に接触感染と飛沫感染です。原因となるアデノウイルスの感染力は強力で、直接接触だけではなくタオル、ドアの取っ手、階段やエスカレーターの手すり、エレベーターのボタン等の不特定多数の人が触る物品を介した間接的な接触でも、感染が広がります。特異的な治療方法はなく、対症療法が中心となります。眼の症状が強い時には、眼科的治療が必要となることもあります。
 予防方法は、流水・石鹸による手洗いとマスクの着用です。物品を介した間接的な接触でも感染するため、しっかりと手を洗うことを心がけてください。
情報元:IDWR2022年第23週(2022年6月6日〜2022年6月12日)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

腸管出血性大腸菌感染症

 国立感染症研究所の2022年第19週(5/9〜15)のIDWR速報データによると、腸管出血性大腸菌感染症の患者報告数が急に増えています。ゴールデンウィーク明けということもあり、バーベキューや飲食店など外で食べる機会が多かったことも関連しているかもしれません。例年は8月から9月に流行のピークを迎える感染症です。夏に向けて食中毒が増える季節でもあり、家庭での調理や外食の際は、肉類の取り扱いに注意が必要です。
 腸管出血性大腸菌は、ウシ、ヤギ、ヒツジなどのひづめが二つに分かれているもの(偶蹄目)の腸管にすんでいる菌です。感染力が強いので、接触感染する可能性もあります。ふれあい動物園などで、ヤギやヒツジに餌やりをした後は、必ず手を洗いましょう。
 感染すると3〜5日間の潜伏期間を経て、激しい腹痛を伴う頻回の水様性の下痢が起こり、その後、血便が出るケースもあります(出血性大腸炎)。また、発病者の6〜9%では、下痢などの最初の症状が出てから5〜13日後に溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重篤な合併症をきたすことが知られています。
 主な感染経路は飲食物を介した経口感染であり、菌に汚染された飲食物を摂取することや、患者の糞便に含まれる大腸菌が直接または間接的に口から入ることによって感染します。腸管出血性大腸菌は、中心部まで75℃で1分間以上加熱することで死滅するので、食事の際はしっかりと加熱することが基本です。肉の生食や、生焼けで食べることは避けましょう。またバーベキューや焼肉などでは、生肉を扱った箸やトングなどは生食用のものと使い分けましょう。
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

梅毒

 国立感染症研究所のIDWR速報データによると、2022年第19週(5/9〜15)時点での梅毒の累積患者報告数は、昨年同時期と比較して増えています。今年はこのまま患者報告数が増え続けると、年末には1万人を超え、過去最多の患者報告数となる可能性もあります。性別関係なく、患者報告数が増えています。特に女性では、梅毒に感染したと気づかないまま妊娠して、先天梅毒の赤ちゃんが生まれる可能性があるので注意が必要です。妊娠中でも治療は可能です。ほとんどの産婦人科では、妊婦健診の際に血液検査してもらえます。妊娠したら必ず梅毒の検査を受けましょう。
 梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。
 早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。時に無症状になりながら進行するため、治ったことを確認しないで途中で治療をやめてしまわないようにすることが重要です。また完治しても、感染を繰り返すことがあり、再感染の予防が必要です。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ

予防接種トピックス

感染症発生動向調査による小児科定点(約3,000か所)、インフルエンザ(小児科・内科)定点(約5,000か所)からの報告数に基づいたデータ解析によります。
感染症発生動向調査とは(厚生労働省ホームページより)
すこやか201 知ってアクション!感染症の予防
すこやか2019 知ってアクション!感染症の予防

予防接種スケジュール

※国立感染症研究所サイト

インフルエンザ情報

情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ
国立感染症研究所の2022年第14週のIDWR速報デ ータによると、全国のインフルエンザ定点医療機関から報 告された患者報告数は、約16人です。今シーズンは、こ れまでのところ昨年に引き続き、インフルエンザの患者報 告数が少・・・
+全文表示
国立感染症研究所の2022年第14週のIDWR速報デ ータによると、全国のインフルエンザ定点医療機関から報 告された患者報告数は、約16人です。今シーズンは、こ れまでのところ昨年に引き続き、インフルエンザの患者報 告数が少ない状況です。昨年は、インフルエンザが流行す る兆候はみられず、感染症発生動向調査が始まって以来、 「流行が認められなかった初めてのシーズン」となりまし た。2年連続で、冬季にインフルエンザの患者報告数が少 ないという近年にはない状況ですが、今後なんらかの影響 があるのでしょうか。感染症専門医で、大阪府済生会中津 病院に勤務する安井良則医師によると、インフルエンザに かかっていなかった人が2年連続いるということは、感受 性者(感染する可能性のある人)が蓄積している状況とい えます。次のインフルエンザの流行時には、大きな流行に なる可能性も考えられますので、注意が必要です。
■情報元:感染症・予防接種ナビ ■更新:4/20
−閉じる
こどもの救急
あいち健康ナビ