【経験談】カンピロバクター

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
経験談については、事業者が認めた研究機関への報告のほか、利用規約に定める範囲で二次利用させて頂く場合がございます。※提出及び利用する情報には個人情報は含まれません。

カンピロバクター経験談
再加熱を怠った結果さん
25歳男性、一人暮らしです。
7/18(日)
・スーパーで買った鶏胸肉を蒸す。切ってみると一部赤い部分があったが再加熱はめんどくさくて、赤い部分を避けて食べた。
7/20(火)
・仕事から帰ってきて少し寒気、関節痛など熱っぽい症状があったので測ったら37.5度。
7/21(水)
・朝は熱が下がっていたが午後から夕方にかけて熱が急上昇。最高40.1度。コロナ疑いのため近くの内科へ行って抗原検査とPCR検査を受ける。抗原検査は陰性。PCRの結果は祝日休院のため土曜日になるとのこと。とりあえず漢方薬と解熱剤(カロナール)を処方してもらい土曜まで様子見ましょうということに。
・この日の夜くらいから腹痛から便意を催すようになる。便が少し緩い程度だったと思う。
・この日は食欲も普通だったし、40度出てた割にはとても元気だったと思う。(薬剤師の人にも驚かれた)
7/22(木)祝
・この日が一番熱が高くて完治までで一番キツかった。
・朝39.2度。あんまり解熱剤が効いてない?午後には再び40度に到達。「これコロナじゃなかったら逆に何なの」と思ってた。昨日まで身体も元気だったけど流石の高熱続きに次第に疲れを感じてくる。暑すぎて保冷剤で首筋や股関節を冷やす→寒気がきて布団かぶって震えながら寝る→暑すぎて汗だくで起きる。を繰り返す。意識がほわほわになってきて、布団被ると異様に気持ちいい時間があった。あのまま寝てたら多分永遠に起きなくなってた。
・ここらへんから下痢になってくる。食べたものがそのまま出てる。異様に便が臭い。平均して1時間に1回くらいトイレ行ってたと思う。
・お腹は空くけどあんまり食べたくない。バナナとかゼリーを食べてた。
・20時。40度以上の熱が4時間以上続いてて一向に回復傾向が見られない、息がかなり荒くなってきていた、一人で夜を超えられる自信がなかったので救急車を呼んだ。理由は分からないけど入院はできず診察だけ。到着すると救急受付を待ってる人がかなりいて、結局3時間くらい待った。より強い解熱剤をもらって帰る。待ってるときも発熱のだるさ・寒気、下痢と闘ってた。
・帰宅して薬飲んで寝る。
7/23(金)祝
・解熱剤が効いてきてかなり楽になった日。
・腹痛、下痢で目覚めたけど3時間くらい寝れてスッキリ。もう少し寝てから測ったら38.0度。解熱剤が効いているみたい。嬉しい。ここまで下がるとかなり楽になってくる(感覚狂ってる)。夜には37.0度まで落ちてきた。かなり悩んだけど救急車呼んで薬もらって良かった...。
・ただここらへんで腹痛、下痢の方が本気出してくる。昨日より高頻度の腹痛と下痢。腹痛は結構定期的にくる感じ。痛みに便意が伴う訳ではない。食べたものがそのまま出てる。便の色がカラフルで笑う。普通のときもあるし、食べたものの色だったり、黒緑だったり。おっかね。
7/24(土)
・一番腹痛、下痢がキツかった日。
・熱は平熱に戻る。朝、PCR結果を受けて陰性。とりあえず安心した。
・午前中に別の内科へ受診。食中毒か胃腸炎を疑われる。「最近生物とか食べた?」と言われるが心当たりない。とりあえず整腸剤と抗生剤をもらって帰る。熱はないけど腹痛から体全体的にだるい感じ。
・10分に1回はトイレ行ってた気がする。整腸剤が効くと頻度は少し減る気がした。酷い時はトイレから出て、横になって1分後にはトイレにいた。トイレに住みたい。何も出ないけどトイレに行かないとやってけない。薬飲むためにお粥食べてたらお腹痛くなってトイレ行く→食べる→お腹痛い。を繰り返してたら45分くらい経ってたのは今じゃ良い思い出のひとつ。
・夜は痛くて痛くて全然寝れない。結局朝4時くらいまで起きてた。夜中はメンタルに良くない。友達も寝ちゃうし、テレビも静かになってすごい独りを感じる。つらい。
7/25(日)
・腹が回復傾向に向かった日。
・友達が家に来てくれて家事全般をやってれた。神。誰かと話せると精神的にもすごく健康になれる。
・この日トイレ行った回数は15回くらい。前の日に比べればかなり減った。でも便の中身、色とかは変わらない。
・食事はお粥。お腹は空くけどお腹痛くなるのが怖くてあんま食べれない。
7/26(月)
・ほとんど回復した日。
・薬がちゃんと効いてきて、腹痛の頻度が明らかに減った。この日トイレ行ったのは6、7回。しかも便が形になって出てくるようになってきた。まだ緩いけど。ただ色はまだ黒緑だったりする。
・食事はお粥、夜にはカレーを食べてみた。前に比べればかなり食べれるしお腹も反応しないのでかなり回復したんだろな。


ほんと食中毒ってこんなつらいものなのかと身体を持って感じました...。これから気をつけます。あと困ったときに頼れたり、心配してくれる友達は本当に大事だなと実感。
25歳 東京都
2021-07-26 23:40:36
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ
RECOMMEND