本人提供 本人提供
 今回、取材したのは、モデルナ製ワクチン2回接種後に、「ブレイクスルー感染」した43歳の女性です。

 女性は、8月上旬に2度目の職域接種を終えましたが、9月第2週に感染が判明。

 幸い症状は軽いため、「ワクチン接種」の効果を実感する一方で、デルタ株の感染力の強さに驚いたとのことです。

ブレイクスルー感染

 9月7日の朝に、鼻水の症状が現れました。

 その時は、季節の変わり目なので、「風邪を引いたかな」程度でした。発熱もありません。

 しかし、翌日の出社前に、香水をつけようとしたところ、匂いを感じられず、慌てて民間のPCR検査を受けました。

 夕方に出た検査結果は「陽性」。

 症状が現れてから、2日目に病院で再検査を受けることになりました。検査キットの受け渡しは、駐車場の車の中から行いました。

再検査でも陽性

 再検査でも、結果は「陽性」。

 病院からは、「保健所から連絡があるので、それまで自宅で待機してください」と言われ、その後は自宅待機を続けています。

 結果、医師とは一度も会っていませんし、診断も受けていません。症状が重い方は、不安になりそうですよね。

 「モデルナは効く」と言われていたので、まさか自分が感染するとは思わず驚きました。

 やはり、重症化は防げても感染しなくなる訳ではないのだなと感じました。

保健所の聞き取り調査

 自宅待機中に、保健所から電話で聞き取り調査があり

・症状はあるか?いつからあるか?
・濃厚接触者はいるか?
・食料の配送は希望するか?

 質問のあとには、隔離期間についての説明もありました。

 ワクチンを接種したかについての質問はありませんでした。

 自分から「2回接種」を終えている旨を伝えたところ、いつ接種したかだけ聞かれました。

自宅療養者フォローアップセンターとLINE

 保健所からの聞き取り調査の翌日に、「自宅療養者フォローアップセンター」からショートメールで連絡があり、LINE登録して、健康状態を答えてほしいとのことでした。

 体調確認のLINEは朝10時と夕方4時に入ります。

 質問項目がいくつかあり、基本的には「はい」「いいえ」で答えて行く方式です。

 私は、「鼻水、鼻づまりがある」と「匂いがしない」に「はい」と答えましたが、血中酸素濃度について、具体的に「何%」と答える質問もありました。

 血中酸素濃度が入院の目安になるとのことなので、パルスオキシメーターは必須かも知れません。
 
 幸い、家にあったので測定でき、助かりました。

感染経路は不明

 感染が判明するまでは、普通に出勤していました。

 保健所からの聞き取り調査にも答えましたが、発症前にも、会食などもしていません。

 緊急事態宣言下で、大人しく生活していたつもりだったのですが…。

 唯一の心当たりは、会社の会議で多人数で話したことです。しかし、マスクも着用していましたし室内も消毒されていました。

 その後の社内PCR検査では、全員「陰性」。濃厚接触者も出なかったことは不幸中の幸いだと思っています。

 ほっとした反面、社内にも迷惑をかけてしまい、申し訳ない思いでいっぱいです。

 回復しても、少し出社しづらいのも本音ですね。

ワクチン接種後も感染対策継続を

 マスクやアルコール消毒など感染対策にも気を使いながら、日常生活を送っていた中での感染だったので驚きました。

 本当に、誰が感染してもおかしくない状況なのだと思います。

 ワクチン未接種の知人が、新型コロナウイルス感染症にかかり、39℃の高熱が1週間続き、ICUに運ばれた話を聞いていました。

 私の場合は、ワクチンを接種していたから、発熱も無く、軽症で済んだのかなとも思います。

 その一方で、「ワクチンを接種していても感染する場合がある」と身をもって知りました。

 今回、嗅覚異常が出たことで感染に気付きましたが、気付かなければ、周囲に広めていた可能性を考えると本当に怖いです。

 世の中には、持病などで、ワクチンを打ちたくても打てない方も多くいらっしゃると聞きます。

 自分がワクチンを打ったからといって、マスクを外すなど、感染対策をおろそかにすれば、未接種者の方に命の危険が及ぶ可能性もありますよね。

 新たな変異株も話題になっていますし、自宅療養が終わった後も、感染対策は続けたいと思います。

<おことわり>ご紹介する経験談は、あくまでも投稿者個人の症状や意見です。

◇感染症予防接種ナビでは、新型コロナウイルスに感染した方や新型コロナワクチンを接種した方からの経験談を募集しています。

文:感染症ニュース取材班