最新の感染症ニュースはこちらから

 モデルナ社製ワクチンを接種した39歳・関東在住の経営者の男性を取材しました。男性は、社会人として働き始めて以来、風邪などで仕事を休んだことは無いほどの健康体。しかし、2度目の接種後に、2日間、会社を休んだとのことです。「これから接種される方の参考になれば」と取材に応じてくれました。

1度目の接種

 7月上旬に、1度目のワクチンを職域接種で受けました。経営者として、取引先を始め、様々な企業のトップとお話させて頂くこともあります。また社員を雇用する立場として、会社の業務を止めるわけにもいきません。

 ワクチンの話が出た時に、接種の必要性は感じていました。1度目の接種は7月上旬でした。接種時の痛みは、ほとんどありません。しばらくして、接種した側の腕に若干の筋肉痛は出たものの、特に副反応などは感じませんでした。

2度目の接種当日から明け方にかけて

 8月上旬に2回目の接種を受けました。夕方に接種し、通常通り床に就きましたが、深夜2時ごろに38.4℃の発熱。それから、猛烈な寒気を感じたり、発熱を繰り返しましたが、倦怠感はありませんでした。

 しかし、明け方も近くなった、午前4時。38.8℃の発熱のせいか、汗だくになり、目が覚めました。関節痛や倦怠感も現れ始め、さすがに解熱剤を服用しました。

接種翌朝に高熱と両目のまぶたに腫れ

 接種の翌朝は、8時過ぎに起床しましたが、やはり汗だくでした。体温を測ってみたところ、38.4℃。関節痛も継続し、右目のまぶたと涙袋が腫れ、まるで「土偶」のようでした。無理をせず、会社はお休みしました。

 昼過ぎに横になりましたが、薬が効いてきたのか、倦怠感はありません。2時間後に起きると、次は左目の目頭が腫れていました。さすがに違和感を覚えたため、オンライン診療を受診。医師が診断した結果、副反応のひとつという事で、カロナールと抗アレルギー薬が処方されることになりました。医師から指定の薬局へ処方箋がFAXされ、自分で取りに行くシステムでした。受け取り後、処方薬を夜7時頃に服用し、そのまま就寝。
 
 明け方4時頃に目が覚め、体温を計測したところ37.6℃まで下がり、目の腫れ・筋肉痛も治まりはじめました。

接種から3日目

 朝8時過ぎに起床し、体温を計測すると37.4℃。微熱が続いていることに加え、頭痛を感じ始めました。この日も、やり残した仕事はあったものの、大事をとって引き続き休養しました。気力もなくなり、横になるしかありませんでした。

 その後、昼過ぎには頭痛も軽くなり、体温も36.5℃まで下がり、処方された薬を服用し、ゆっくりしていました。

4日目には回復

 4日目には、ほぼ通常通りまで回復しました。社会人になってから、37.5℃以上の発熱を経験したことが、ほぼ無く、働きづめの毎日だったので、パソコンを全く起動しない2日間は、自分の中で異常な出来事でした。あってよかったものは、水、スポーツドリンク、ゼリー、フルーツ、カップラーメン、着替え、バスタオル、毛布です。

 周りには、全く何もなかったという人と、想像以上に辛かった人など様々います。しかし、備えあれば憂いなしということで、これから接種される方は、ぜひ準備して2回目に臨んで頂ければと思います。

接種は各自の判断

 接種は、自己判断だと思います。接種するリスク、接種しないリスクがそれぞれあると思います。重症化を防ぐことや、自分が感染し、周囲に感染を拡げてしまうリスクを考え、接種を選択しました。

 接種の個人的な感想としては、「しんどい」の一語に尽きますね。追加接種の話も出ていますが、効果次第だと思います。2回目接種での副反応もあり、できれば、打ちたく無いです。

◇感染症・予防接種ナビでは、皆様からの経験談を募集・掲載しています。ワクチン接種や感染症に関する情報をお寄せください。

感染症ニュース取材班