全国の新規感染者数の推移(厚労省HPより) 全国の新規感染者数の推移(厚労省HPより)
最新の感染症ニュースはこちらから

 各地の新規感染者数が、緩やかではあるものの減少をみせています。これは、緊急事態宣言により、みなさんが行動を制限された結果が、効果として現れたのではないでしょうか。しかし、沖縄県など、いまだ増加している地域もあり、まだまだ油断はできない状況です。

 一方、気になるのが新たに確認されたインド由来の変異株(L452R)の存在です。一般的にウイルスは増殖や感染を繰り返す中で、少しずつ変異します。

 厚生労働省によると、インド株は従来株に比べ感染力が高い可能性があり、今後の動向に注意が必要です。

 私たちは過去の経験から、気を緩めた時に再び感染者が急増することを知っています。

 心配されるのは、「効果がないから」という理由で、マスク着用などの対策をやめてしまうことです。

 現在、感染爆発を食い止めているのは、みなさんが気をつけて対策を続けているからで、インド株のような感染力が強いウイルスなら、あっという間に拡がるでしょう。

 インド株についてはデータが少ないため、現時点では詳細が分かっていません。

 これから明らかになっていくと思いますが、分からないからこそ、警戒しなければいけません。

 新型コロナウイルスに関しては予測不能なことが多く、ワクチン接種が進むことが何よりの対策だと思います。

 未知の変異株が出現している今、一人ひとりが「感染対策」へのより強い意識を持つことが大切です。

 気を緩めることなく、マスクの着用・3密の回避など、基本的な感染対策を続けましょう。

感染症予防接種ナビでは、新型コロナウイルスに感染した方や新型コロナワクチンを接種した方からの経験談を募集しています。

また、新型コロナウイルスをはじめとする感染症についての疑問やお悩みに、感染症の専門家がお答えします。

「お問い合わせフォーム」よりお寄せ頂いた疑問やお悩みについて、専門家の見解を「感染症ニュース」として公開させていただく予定です。

なお、お寄せ頂いた疑問やお悩みに全てお答えできるわけではありません。予めご了承ください。

取材:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

引用:厚生労働省「第36回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」資料4 新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応等