社会を守るためにもワクチン接種は大切です 社会を守るためにもワクチン接種は大切です
最新の感染症ニュースはこちらから

 新型コロナワクチン接種者数のニュースをよく目にするようになりました。

 しかし、意外に知られていないのはワクチンの働きについてです。

 私たちが勘違いしやすい「ワクチンの働き」と「感染・発症」との関係について、大阪府済生会中津病院の安井良則医師に解説していただきました。

ワクチンの役割と効果について

 「ワクチン」とは免疫をつけるための薬剤のことで、ウイルスなどの病原微生物が引き起こす「感染症」を防ぐために接種します。接種により体内にワクチンが入ることで、体は病原微生物が侵入した時と同様に反応し、免疫が増強されます。ワクチンは種類によって接種回数が異なりますが、複数回接種することで、より強い効果を得られます。これを「ブースト(追加免疫)効果」といいます。

ワクチンと「感染・発症」の関係について

 「感染」とは、ウイルスなどの病原微生物が体内に入って増えた状態をいいます。また、「発症」とは体内に入った病原微生物が更に増え、発熱など体の防御反応が引き起こされた状態をいいます。

 ワクチンを接種したからといって、必ずしも「感染」しなくなる訳ではありません。しかし、ワクチンを接種した状態で感染すると、「ブースト(追加免疫)効果」により更に免疫が強くなり、病原微生物が体内で増えるのを防ぎます。そして、「発症」のおそれや周りの人へ「感染」させる可能性が低くなります。

ワクチンを接種することの意義と目的

 私の勤務する病院では、ワクチン接種後に「感染」や「発症」した人はおらず、PCR検査で陽性になった人も出ていません。このことからも、新型コロナワクチンの効果はかなり高いと思っています。

 ワクチンを接種することで、まず自分自身を守り、そして家族や周囲を守り、引いては社会を守ることにつながります。世の中には、お子さんや、免疫抑制剤を飲んでいる方など、ワクチンを打つことができない人たちもいます。私たちがワクチンを接種することが、接種することができない人たちを守ることを意味します。

 医師という立場から、接種できる人は可能な限り接種して、みんなで社会全体を守ることが必要だと思っています。

感染症予防接種ナビでは、新型コロナウイルスに感染した方や新型コロナワクチンを接種した方からの経験談を募集しています。

また、新型コロナウイルスをはじめとする感染症についての疑問やお悩みに、感染症の専門家がお答えします。

「お問い合わせフォーム」よりお寄せ頂いた疑問やお悩みについて、専門家の見解を「感染症ニュース」として公開させていただく予定です。

なお、お寄せ頂いた疑問やお悩みに全てお答えできるわけではありません。予めご了承ください。

取材:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏