半年以上前に更新された記事です。

過去12シーズンと今シーズン(2020年第36週〜2021年第12週)<br />の インフルエンザ推定患者数の推移 過去12シーズンと今シーズン(2020年第36週〜2021年第12週)
の インフルエンザ推定患者数の推移
 今シーズンは1999年に施行された感染症法に基づく発生動向調査が始まって以来、インフルエンザの流行が認められなかった初めてのシーズンとなる見通しです。

今シーズンの推定患者数の推移について

 3/22〜3/28(2021年第12週)のインフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約330人と、前週(約230人)よりもやや増加しました。

 しかし、例年の同時期と比較して患者数が極めて少ない状態が続いていることに変わりありません。

今後の推移について

 今シーズンはインフルエンザが流行する兆候はみられず、感染症発生動向調査が始まって以来、「流行が認められなかった初めてのシーズン」となる見通しです。

インフルエンザ(季節性とは)

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行が見られています。

 日本でのインフルエンザの流行は、例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり、1月下旬から2月上旬にピークを迎え、3月頃まで続きます。

感染症・予防接種ナビでは、みなさまからのインフルエンザの経験談を募集しています。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏