MERSとは

 2012年に人の感染例が初めて確認された新しいウイルス感染症です。原因となるウイルスはコロナウイルスの一種で、MERSコロナウイルスと呼ばれています。2003年に世界的流行を起こした重症急性呼吸器症候群(SARS)もその病原体はコロナウイルスの一種ですが、両者は異なる疾患です。

これまでの流行の概要

 2012年9月22日に英国よりWHOに対し、中東へ渡航歴のある重症肺炎患者から後にMiddle East Respiratory Syndrome Coronavirus(MERSコロナウイルス)と命名される新種のコロナウイルス(以下、MERS-CoV)が分離されたとの報告がありました。それ以来、中東地域に居住または渡航歴のある者、あるいはMERS患者との接触歴のある者において、このウイルスに感染して発病した症例が継続的に報告され、医療施設や家族内等において限定的なヒト−ヒト感染が確認されてきました。

 一方、韓国では2015年4月18日〜5月3日まで中東4か国(バーレーン、UAE、サウジアラビア、カタール)を歴訪した68歳の男性が帰国後の5月11日に発症し、同月20日にMERSと診断されるまでに4つの医療機関を受診または入院し、以降二次感染、三次感染の患者が家族内もしくは院内感染で発症し、中東以外では最大のアウトブレイク※1となっています。

韓国の状況

 2015年4月28日から5月3日にかけて中東4か国(バーレーン、UAE、サウジアラビア、カタール)を歴訪した韓国国籍68歳の男性は、5月4日にカタールから仁川(インチョン)国際空港より帰国しました。彼は5月11日に発病後20日に診断されるまでに4つの医療機関で加療を受けていました。WHOへの報告によると、この68歳男性は中東に滞在中にラクダとの接触、MERS発症患者との接触や医療機関を訪問したことはないとされています。

 2015年6月15日までに、この患者を発端とした二次感染、三次、四次感染患者は149例(発端者を加えると150例)発生しており、15名が死亡しています。この149例は、これまでのところ全て医療機関での院内感染かもしくは家族・親族・友人間の濃厚接触による感染であると報告されています。この中にはMERS発症者と同日の病棟に入院していたが、当該患者とは濃厚な接触のなかった感染発病例も報告されています。また、医療関係者での発症は12名(医師2名)です。今後さらに発病者数が増え続ける可能性があります。

現状と今後

 現時点では、MERSコロナウイルスはSARS程ヒト−ヒト間での感染性はなく、世界的流行に至る可能性は低いと考えられます。しかし、現在中東からの帰国者を発端とした韓国におけるMERSのアウトブレイクは現時点でも広がりを見せています。

 一方、これまでのところ、韓国国内での感染発病例は医療機関内での院内感染かまたは家族間の濃厚接触による感染に限定されています。MERSは、SARSと同様に病初期の感染性は低く、重症化すると高くなると予想されることから、発病者を早期に検知し、迅速に隔離して治療することがこのMERS対策として重要であると思われます。

 なお、現在実施されている疫学調査から、今後さらに多くの新たな知見が得られると予想されます。本疾患に関する正確で適切な情報を迅速に得る努力を継続していくことが必要です。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
更新:2015/6/17