【動画】知ってアクション!感染症の予防
ワクチンで感染症から身を守ろう!
〜#4 10月26日放送 「帯状疱疹をワクチンで予防!」〜
2021年10月11日更新

#4 10月26日放送 「帯状疱疹をワクチンで予防!」



--知ってアクション!感染症の予防。帯状疱疹をワクチンで予防!

ワクチンくん「みんな、帯状疱疹って知ってる?50歳を超えると増えてくる病気で、水疱ができて、すっごく痛いこともあるんだって!」



--帯状疱疹は子どもの頃にかかった水ぼうそうという感染症が原因です。



--水ぼうそうのウイルスは、治ったあともずっと、体の奥深くに潜んでいます。



--そして、高齢になって免疫が弱くなってくると、再び活性化します。
発しんや痛みが現れ、さらには神経痛などの後遺症を残すこともあります。



ワクチンくん「先生、帯状疱疹は予防できないの?」

多屋先生「帯状疱疹はワクチンで予防できます。」



多屋先生「今、日本でも帯状疱疹を予防するワクチンが2種類あって発症したとしても重症になることを予防できる効果はありますし、発症そのものを予防できる効果もあると思います。50歳以上の方が対象となります。」



多屋先生「帯状疱疹ワクチンは 任意接種のワクチンとなります。
ですので接種費用は基本的には自費になります。
ただ自治体によっては一部助成しているところもありますので、お住まいの市区町村の方にお問い合わせされるとよろしいかと思います。」

ワクチンくん「子どもたちの水ぼうそうの予防も大事だよね。」

多屋先生「はい水ぼうそうにかかりますと体の中でたくさんの水痘帯状疱疹ウイルスが増えるんですね。
ウイルスがたくさん増えると潜伏するウイルス量も増えますよね。
水ぼうそうのワクチンも生ワクチンなので注射するといったん体の中では増えるんですけれども自然に感染した時よりはずっとウイルス量は少ないんですね。
水ぼうそうにかかってしまうと、熱が出たりあるいは全身に水ぶくれができてとてもかゆいですし、とてもつらい病気です。
子どもたちも水痘ワクチンを受けることで水ぼうそうにかかることも予防できるし将来帯状疱疹になるリスクも予防できるんじゃないかなと思います。」

ワクチンくん「大人も子どもも、ワクチンを接種して、帯状疱疹・水ぼうそうを予防しようね!」

出演:国立感染症研究所 感染症疫学センター予防接種総括研究官 多屋馨子医師
更新:2020/10/11


≪ 前へ   次へ ≫



RECOMMEND