インフルエンザ菌感染症(ヒブ感染症)とは

インフルエンザ菌は、ヒトの鼻咽腔に常に存在しています。その多くは無莢膜株ですが、小児の髄膜炎や敗血症例から検出される株は、95%以上がHibです。また、Hib感染症患児の兄弟や両親からHibが検出される場合もあります。

関連する予防接種

経験談

まだ投稿された経験談がありません。