細菌性赤痢とは

日本国内の赤痢患者数は、戦後しばらく10万人を超え、2万人近くもの死者がありました。1965年半ば頃から激減し、1974年には2,000人を割り、以降1,000人前後で推移しています。

経験談

まだ投稿された経験談がありません。