【経験談】伝染性紅斑(りんご病)

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

伝染性紅斑(りんご病)経験談
さおっぴさん
発疹が出る2週間前位から微熱が続き、体もだるい日が1週間ほど続いた。その後1週間は特に微熱もだるさもなく過ごしていた。
ところが、ある日突然、朝シャワーを浴びていたら腕と足にものすごい発疹が出ていた。発疹は腕と足だけで、痒みもなく、ただただ発疹が気持ち悪いくらい出ていた。じんましんでもなさそうだし、何か感染症だと困るのでそのままお医者さんへ。熱は37.2度。平熱が高いので特にだるくもなかった。医者では、子供はいるか?子供との接触はあるか?顔はでていないか?など聞かれたが、どれも該当なし。まだこの時点では顔には赤みもなし。
なかなかひかない発疹で、土日をはさんで月曜日もまだひいていなかったため、またお医者さんへ行こうと準備をしていたら、顔が熱くなってきて、まさにりんご病たるゆえんの顔になった。この時点でお医者さんに、りんご病ですね、と言われた。すでに感染力はないので出勤は可能だが、顔がりんごになっているので、出勤するかどうかはご自身でご判断していただいて大丈夫ですよ、とのこと。
発疹が出てからは熱もなく、痒みもないためよかったが、発疹が気持ち悪かった。レース様発疹といわれるが、まさに赤いレースみたいだった。顔の赤みは2日くらいでひき、発疹もひいた。
なぜ感染したかは不明。会社でも感染者はいなかったので、通勤での感染か、仕事で病院を訪問したときに感染したと考えられる。
43歳 埼玉県
2015-03-04 21:21:21
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ