【経験談】伝染性紅斑(りんご病)

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

伝染性紅斑(りんご病)経験談
ひまさくきちさん
下の子供が37.8の熱を1日出て翌朝下がりました。
下痢も1回だけで軽い胃腸炎かと思っていたところ、その4日後、
上の子も同じ様な微熱が1日出ました。
上の子は頭痛と吐き気がありましたが2日目には元気になり、病院で2人とも受診しましたがインフルなど陰性だった為、ただの風邪と診断されました。
1週間後ほとで2人とも頬と耳が赤く体は薄く赤くなる程度でしてが病院へ行くとりんご病と診断されました。
その後今度は私が、倦怠感関節痛、筋肉痛が続き仕事場も変わったばかりだったので精神的に疲れてるだけか、それともリウマチか若年性更年期、膠原病かとも考え不安な日々でした。病院に行ってもただの疲れでしょうとのことで関節痛の痛み止めでカロナールを処方されただけでした。
しかしその日の夜、お風呂に入ると全身が赤い発疹が出ました。
大人には出ないと言われていた頬も熱く赤く3日ほどなり徐々に消えていきましたが今度は頭痛とむくみが出て特に朝は顔も変わるほどでした。顔、両手のむくみが激しく関節痛は膝が一番痛い状態が続いてます。小さい頃なったはずでしたがどうやら違っていたのか子供たちよりも長引き重症化してます。
40歳 埼玉県
2019-03-03 07:28:35
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ