【経験談】マイコプラズマ肺炎

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

マイコプラズマ肺炎経験談
当時中学生さん
日曜日に十分に睡眠をとったにもかかわらず、月曜日は昼間から気だるさがあった。念のため保健室で熱を測ると37.2℃の微熱があったがその日は残りの授業、部活に参加し家に帰りすぐに寝た。
火曜日は熱は一旦下がったものの喉の痛みが酷く、頭痛もあったので、授業にのみ参加をし部活は休んだ。放課後に病院を受診すると、普通の風邪と診断された。その日の夜から熱は38℃台になった。
水曜日は終日39℃前後で推移し、この頃から乾いた咳がよく出るようになった。
木曜日はに39.5℃まで上がったが、祝日だったため病院が開いておらず我慢した。(本当は解熱剤が欲しかった)
金曜日は朝一で病院に行ったら、先生がマイコを疑っていたため検査を受けた。検査内容は咽頭スワブ、血液検査、レントゲンの3つだった。陽性だったため薬として抗生物質をもらった。
土曜日には乾いた咳から湿った咳に変わり、黄緑のたんがよく出るようになった。熱は36.5℃まで下がったが咳がよく出たため、気だるさは残っていた。その後全体的にには快方に向かったが咳は2ヶ月ほど出続けた。
14歳 三重県
2018-09-02 03:00:55
びせいぶつ芸能社
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ