【経験談】腸管出血性大腸菌感染症

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

腸管出血性大腸菌感染症経験談
ひっちゃんさん
お腹痛いな。から、下痢になり、激しい腹痛。
トイレに5分おきに行くようになり、痛みで眠れず
朝を待ち近所の小児科に行く。
便が血便というより鮮血で、即大病院に紹介状をもらい行く。
しかし、血液検査では特に問題ないと言われ脱水用の点滴が終わり帰される。
帰宅後も痛みで泣き叫ぶ状態が続く。
あまりにもひどいので、また朝を待ち病院へ。
結局、軽い脱水と便の生検が出るまでの入院になる。
痛みと血便の下痢は数日続くも少しずつ改善。食事は水分も一切取らず、点滴のみ。
三日後、生検の結果でO157とわかる。

血小板、浮腫、ヘモグロビンの異常でその後合併症を疑い、治療は続く。

3週間入院後、元気に退院しました。
6歳 東京都
2017-08-30 21:12:48
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ
 

感染症・予防接種ナビは、平成27年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)「ワクチン接種と稀ながら発生する副反応に関する研究」(研究代表者・多屋馨子)の 「ホームページを活用した予防接種後副反応アンケート調査」(研究分担者・安井良則)の研究活動に協力しています。