【経験談】デング熱

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

デング熱経験談
ナナミサさん
海外赴任でマレーシア滞在中に発症しました。
突然39.1℃の熱が出て病院へ、デング熱と診断され即入院。(2017年6月)

症状は、発熱38℃以上、全身倦怠感、結膜充血、関節痛。

治療は対処療法、入院中ずっと点滴。
生理食塩水1〜1.5L/日、
ビタミン点滴100ml /2日
解熱剤(アセトアミノフェン)を飲み続ける。

数時間おきに血圧と体温を測る。
腹痛、頭痛、下痢をしたら、すぐ先生を呼んでくださいと言われました。

3日目、熱が下がる。
4日目、熱なし。血小板も標準範囲内下値(150)だったので、退院出来ました。(100以下なら退院出来ないと言われました)

退院後も1週間くらいは全身倦怠感がありましたが、その後は後遺症もなく回復しました。

先生の話では、2日間熱がなければ、蚊に刺されても他の人に感染らないそうです。
しかし発熱中のデング熱患者を蚊が刺すと、感染してしまうので、注意が必要です。

マレーシアではデング熱は日常的な病気です。看護師さんも「去年デング熱になりました」と話していました。
日本でも近年デング熱患者が増えている様なので、参考にしてもらえれば幸いです。
41歳 群馬県
2017-07-19 20:24:43
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ
 

感染症・予防接種ナビは、平成27年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)「ワクチン接種と稀ながら発生する副反応に関する研究」(研究代表者・多屋馨子)の 「ホームページを活用した予防接種後副反応アンケート調査」(研究分担者・安井良則)の研究活動に協力しています。