【経験談】ヘルパンギーナ

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

ヘルパンギーナ経験談
ねこ大好きさん
扁桃炎と気づくまで長い道のりでした。

1日目
月曜の夜中、大好きなラーメンを食べに行きました。外に出た瞬間、寒気がどっと押し寄せて来ました。こちらは比較的厚着をしているのにと思いましたが、県北の11月はこんな寒さかと勘違いしそのまま耐えて向かいました。ラーメンをいざ食べるとなった時、大好きなラーメンなのに箸が進んでいかないのです。2口しか食べれず、これはおかしいと気づきました。
その日はとにかく早く就寝しました。
月曜夜、熱が上がってくるのが分かりました。私は市販薬の風邪薬を飲み就寝しましたが、30~1時間置きに起きる苦痛。無理やり就寝しました。この時熱は37.5度でした。(平熱35度台)
2日目
火曜夕方、熱が平熱まで下がったので夜勤のため出勤する事に。
多少の怠さと喉の痛みはありましたが、現段階は問題ないだろうと思い出勤する事に。
火曜夜、ただ、職場が20~21度と一定で座りっぱなしの作業の為、治りかけの自分にはキツく、段々寒気が悪寒へと変化し指先に力が入らず、休憩と共に早退しました。
火曜夜中、自宅まで帰るのが非常に困難でフラフラしそうになっていました。最寄りのドラッグストアで強めの市販薬を買い、帰宅し、すぐに薬を飲み就寝しました。
3日目
水曜の午後、全く熱が下がっていませんでした。一時期、11時頃に36.6度まで下がりましたが、数時間後に測ると38.3度。上がったり下がったりを繰り返しておりました。
高熱が続いており、喉にも若干の違和感、、でもそれよりも季節的にインフルの季節、、私は怖くなって内科へ診察に行きました。
診断結果 インフルは陰性、ただの風邪でしょうと。
通常の風邪薬と解熱剤、胃薬を処方してもらいました。
帰宅後すぐに胃に無理やり食べ物を入れ、処方薬を飲み就寝しました。(熱は38.3度)
4日目
木曜朝、全く熱が下がらないのです。むしろ少し上がっていました。(38.8度)薬をこんなに飲んでて効いてないのはおかしいとさすがに思いました。
また、木曜朝に起きてから、喉が尋常ではないくらい強い痛みがある事に気づきました。唾を飲み込むと激痛が走るのです。
すぐにネットで調べ、自分の喉を確認すると扁桃炎のような症状が起こっていました。
私はすぐに耳鼻科へ診察に行きました。
診断結果 扁桃炎だと。中々内科の先生でも見破るのは難しいらしく、見落とししがちだと仰っていました。
さらに強い薬とうがい薬を処方してもらいました。
5日目
木曜午後~金曜朝、やっとお粥が食べれるまで回復。喉はまだ痛みはあるものの、ほんの少しずつ痛みが和らいでいる感じがします。熱は引いてきて、金曜朝で平熱にまで下がりました。
発熱時は30~1時間置きに起きてたものの、現在は2~3時間は連続で眠れるようにまでなりました。
喉の痛みがなくなったのは7~8日目のことでした。

扁桃炎の診断まで行くのが非常に長かったが為に、長い時間熱に悩まされていました。
喉がいつもより痛い、そう感じたら扁桃炎の可能性もあるかもしれません。
23歳 栃木県
2019-11-08 12:15:08
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ