【経験談】RSウイルス感染症

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

RSウイルス感染症経験談
二児母さん
風邪を引くと副鼻腔炎と少し気管が狭くなりやすい上の子が毎度のごとく、鼻水、咳、ゼロゼロとした風邪を引き、高熱はないにせよ念の為小児科受診。
風邪と診断され、シロップのお薬を飲みながら登園。

1週間後、生後1ヶ月の子がやけに咳込み、気管に母乳でも入ったのかな?という呼吸音がしていたのですが、娘のクラスメイトがRSウイルスと診断されお休みした事から、気になってインターネットで調べた際、怪しいなと思って小児科受診したところ鼻水を検査してRSウイルス感染しています、と言われました。
小児科では、上の子がRSウイルスだった可能性が高いと伝え、検査してもらいました。

鼻水、痰のお薬を処方され通院。
今より症状が悪くなったら入院です。と言われながらの通院。毎日、鼻水を吸ってもらい、家でも毎時間吸って過ごしました。
3日目から漢方薬も処方されました。
日曜祝日にもしも熱が上がったら救急でも必ず病院にすぐに行くこと、と言われました。
夜は寝れません。もし、寝てる間に呼吸が止まってたら?と思うと恐ろしくて。
発症から5日ですが発熱は一度もなく、咳と鼻水、痰、ゼェゼェヒィーヒィーと呼吸の音はまだまだあります。小さな体からゴボゴボと激しい咳が聞こえるととても辛いです。このまま良くなれば、と祈るばかりです。

母親からの免疫があるから、と油断していました。
RSウイルス自体、全く知りませんでした。
出産から退院までの間に必ず知っておくべき病名だと思います。特に、上にお子さんがいる方は、お母さん教室や、妊娠中、退院時等、知る機会を必ず作るべきです。
こんな怖い病気があるなんて知らなかった、で小さな命を落としては悔やみきれません。
0歳 北海道
2019-11-02 18:05:25
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ