【経験談】ヘルパンギーナ

感染症・予防接種ナビでは経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。※提出する情報には個人情報は含まれません。

ヘルパンギーナ経験談
パオンさん
12日、2歳の娘が急に39.5度の高熱。水分もとれず、ジュースやゼリーなども受けつけず。案の定、おしっこもでないほど、脱水。
休日だったので、救急外来へ。喉をみられ、瞬殺でヘルパンギーナと診断。脱水症のため、点滴。おしっこでるまでエンドレス点滴。なんとか、1本目の点滴でおしっこがでる。その後、帰宅。
13日の朝には37度台に下がるも食欲はなし。水分はとれていた。
14日夕方にも38度の熱がでたが、元気があり走り回る。食欲は少し復活。15日の朝には、36.5度になり熱は落ちついたが、喉が痛いらしく食欲はイマイチ。
問題はこの後…。職場に今日もお休みします、と連絡いれたあと、尋常じゃない寒気。まさか、と思い熱を測ると37.2。真夏なのに、スウェット上下着ても寒い。タオルケットにさらに毛布2枚かけても寒い。嘘でしょ、と思いながらまた熱測る。39.5度。関節も痛く、身動きとれずなので、坐薬をいれてみると38.4度くらいに下がり少し動けるように。でも、また薬がきれると39度の世界へ。喉も少し痛いが、まだ我慢できる程度。
16日の朝まで39度台が続き、坐薬いれて午前のうちに病院へ。喉をみられて、これまたすぐに、はい、うつってます、ヘルパンギーナです、と診断。トランサミンとカロナールを出される。お昼には、熱は落ちつくが、喉が痛い。つば飲むのも痛い。体も怠い。
指先にも発疹が出始める。
17日、喉が痛すぎて目がさめる。昨日よりも痛くなってる。飲み物飲むのも激痛。いつまで続くのだろうか。
2歳 埼玉県
2019-08-17 07:03:28
びせいぶつ芸能社
風疹ゼロプロジェクト
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ
予防接種における間違いを防ぐために
こどもの救急
あいち健康ナビ