日本脳炎

 毎年、7月から8月にかけて多く発生する、コガタアカイエカ。

 日本全国に生息しており、主に水田や河川敷、側溝など、水が溜まってあまり流れない場所で繁殖します。


 主にこのコガタアカイエカが媒介する感染症が「日本脳炎」です。

 コガタアカイエカには、体内に日本脳炎ウイルス保有しているものがいます。

 このカがヒトを刺す時に、日本脳炎ウイルスを感染させるのです。


 日本脳炎ウイルスに感染すると、6日から16日で発症。

 38度から40度、あるいはそれ以上という高い熱が、数日間続き、また、頭痛、嘔吐、意識障害やけいれんなどの症状を示す、急性脳炎を起こすことがあります。


 発症すると、致死率は20から40%。

 また、生存者の45%から70%に、精神障害などの後遺症が残ってしまうと言われています。

 特に、子ども、高齢者に死亡の危険が大きい病気です。


 日本脳炎には、治療薬がありません。

 予防をすることが、何よりも重要な感染症です。


医療監修:国立病院機構三重病院 臨床研究部長 谷口清州氏
協力:国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室長 多屋 馨子氏
協力:田辺三菱製薬、制作協力:日テレアックスオン、制作著作:広島テレビ
更新:2017/7/16