溶連菌感染症

 「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」= いわゆる「溶連菌感染症」も、子どもがかかりやすくて、発疹が出る感染症です。

崎山先生
「溶連菌は基本的には通年性、一年中を通してあってもおかしくない病気です。一部の人には発疹が出ます。発疹が出て体が真っ赤になることがあるんです」


溶連菌感染症とはどんな病気?

 溶連菌感染症は、主にA群溶血性レンサ球菌を病原体とする感染症のことをいいます。

 感染すると、2日から5日の潜伏期間の後に発症し、突然38度以上の発熱、全身倦怠感、喉の痛みなどが現れ、しばしば嘔吐を伴います。


 また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が、現れます。

 まれに重症化し、全身に赤い発疹が広がる「猩紅熱」になることがあります。


 溶連菌感染症は、発症者の咳やくしゃみなどによる「飛沫感染」、細菌が付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」によってうつります。


 予防のためのワクチンは、まだ実用化されていません。

 予防には、手洗い、うがい、咳エチケットなどが有効です。


医療監修:川崎医科大学 小児科学教授 中野貴司氏
協力:国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室長 多屋 馨子氏
協力:田辺三菱製薬、制作協力:日テレアックスオン、制作著作:広島テレビ
更新:2016/7/17