東京大手町のオフィスビルでこの日、厚生労働省 と 風しんゼロプロジェクトが共催する、風しん啓発イベントが行われました。

 風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる感染症で、妊婦が感染すると、生まれてくる子どもが、先天性風しん症候群を発症する可能性があります。

そのため、職場、家庭など、妊婦と接する可能性のあるあらゆる場所で、風しんを予防する必要があります。

 特に30代から50代の男性に、風しんの抗体を持っていない人が多いため、会場では、抗体検査をして予防接種をすることを呼びかける、“風しんゼロ宣言”が読み上げられました。

 会場では、多くの人が足を止め、イベントを見ていました。