半年以上前に更新された記事です。

図.インフルエンザ推定患者数 各シーズン別週別推移(各シーズン第36〜第15週まで)<br />監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 図.インフルエンザ推定患者数 各シーズン別週別推移(各シーズン第36〜第15週まで)
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
2017年の3月に注意してほしい感染症についてはこちらから

 3月に注意してほしい感染症は、No1・インフルエンザ、No2・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、No3・ロタウイルス感染症、No4・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)です。では、これらの感染症を詳しく見ていきましょう。

インフルエンザ

 まだ本格的な流行が継続する可能性があります。

インフルエンザ(季節性)

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)

 2014年の秋以降、過去10年間の同時期よりも患者数の多い状態が続いています。2016年はさらに増加しており、警戒が必要です。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)

ロタウイルス感染症

 流行は3月より始まる場合が多いですが、今年は過去2年間よりも急激な患者数の増加がみられています。

ロタウイルス感染症

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

 春以降、患者数の増加が予想されます。2010年以来、6年ぶりの流行年となる可能性が高いです。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
更新:2016/3/1