感染症ニュース一覧

インフルエンザの患者数は1月に入って急増し、本格的な流行となりつつあります。 (1/20)
溶連菌感染症 12月は過去11年間の同時期と比較して最大の流行となりました。1月以降も患者発生数は多くなるものと予想されます。(第52週 12/21〜12/27) (1/14)
おたふくかぜ 今年は2010年以来の大きな流行が予想されます。 (1/6)
1月に注意してほしい感染症はインフルエンザ、RSウイルス感染症、ノロウイルス感染症、溶連菌感染症 (1/4)
感染性胃腸炎 全国的に報告数が増えています。現在冬のピークを迎えつつあり、注意が必要です。(第50週 12/7〜12/13) (12/24)
溶連菌感染症 冬のピークを迎えています。過去11年間の同時期と比較して最多の報告数となっています。(第49週 11/30〜12/6) (12/16)
RSウイルス感染症 過去10年間の同時期の報告数を上回る状態は継続(第48週 11/23〜11/29) (12/9)
12月に注意してほしい感染症はノロウイルス感染症・RSウイルス感染症・インフルエンザ・溶連菌感染症 (12/1)
RSウイルス感染症 報告数は再び急増中、過去10年の同時期と比較して最多(第46週 11/9〜11/15) (11/27)
【インフルエンザ情報】インフルエンザの流行開始は12月中の可能性が高い (11/20)

< 22 23 24 25 26 >

▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ