インフルエンザ(季節性)

インフルエンザ(季節性)とは
インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行がみられています。
インフルエンザの流行は、例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり,1月下旬から2月上旬にピークを迎え,3月頃まで続きます。
詳しくはこちら ≫

関連する予防接種

動画で解説
● 発熱をともなう感染症 〜インフルエンザ〜
● 発熱をともなう感染症 〜もしインフルエンザにかかったら?〜
● 冬に気をつけてほしい感染症 〜インフルエンザ〜

Q&A
●インフルエンザQ&A

感染症ニュース
【感染症ニュース】インフルエンザ 患者数は8週連続で減少 インフルエンザの流行は収束を迎えつつある (3/26)
┗インフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約20,000人となり、8週連続で減少しました。また、週明けの月曜日の推定患者数は約3,000人と前週の月曜日の値を下回っており、インフルエンザの患者数は更に減少していくものと予想されます。
【感染症ニュース】インフルエンザ 推定患者数は約40,000人と7週連続で減少 学校休校の継続により流行は収束に近付いて行くと予想される (3/18)
┗インフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約40,000人となり、7週連続で減少しました。また、週明けの月曜日の推定患者数は約6,000人と前週の月曜日の値を下回っており、インフルエンザの患者数は更に減少していくものと予想されます。
【感染症ニュース】インフルエンザ 推定患者数は約91,000人と6週連続で減少 学校休校は継続しており患者数は更に減少していくと予想 (3/11)
┗インフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約91,000人となり、6週連続で減少しました。また、週明けの月曜日の推定患者数は約13,000人と前週の月曜日の値を下回っており、インフルエンザの患者数は更に減少していくものと予想されます。
トピックス一覧≫


経験談
インフルエンザ(季節性)の
経験談を書く

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社