流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)とは
流行性耳下腺炎(mumps)は2〜3週間の潜伏期(平均18日前後)を経て発症し、片側あるいは両側の唾液腺の腫脹を特徴とするウイルス感染症です。通常1〜2 週間で軽快します。最も多い合併症は髄膜炎です。その他、髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などを認める場合があります。
詳しくはこちら ≫

関連する予防接種

経験談
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の
経験談を書く

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社