ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは
ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎です。乳幼児を中心に夏季に流行する、いわゆる夏かぜの代表的疾患です。その大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多いですが、コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスで発症する場合もあります。
詳しくはこちら ≫

感染症ニュース
へルパンギーナ 報告数が急増 今後の情報に注意 (7/19)
┗ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎です。乳幼児を中心に夏季に流行する、いわゆる夏かぜの代表的疾患です。
トピックス一覧≫


経験談
ヘルパンギーナの
経験談を書く

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社