手足口病

手足口病とは
手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、口腔粘膜および手や足などに現れる水疱性の発疹を主症状とした急性のウイルス性感染症であり、乳幼児を中心に主に夏季に流行します。この感染症の原因となるウイルスはエンテロウイルス属と呼ばれているウイルスの仲間でありその中でもコクサッキーA16(CA16)、エンテロウイルス71(EV71)が主に手足口病を引き起こすウイルスとしてよく知られていますが、他にCA9やCA10なども原因ウイルスとなります。加えて、以前は主にヘルパンギーナの原因ウイルスとして認識されていたCA6による手足口病が近年は目立つようになってきており、日本では2009年に最初の報告例があり、その後しばしば大きな流行を起こすようになっています。基本的に予後は良好な疾患ですが、急性髄膜炎の合併が時に見られ、稀ではありますが急性脳炎を生ずることもあり、なかでもEV71は中枢神経系合併症の発生率が他のウイルスより高いことが知られています。
詳しくはこちら ≫

動画で解説
● 発疹をともなう感染症 〜手足口病〜

Q&A
●手足口病に関するQ&A
厚生労働省にリンクしています。

感染症ニュース
【感染症ニュース】手足口病が季節外れの流行の兆し? 九州で感染者数が増加傾向に 岩手県でも報告数が増加 New (9/16)
┗3週連続で手足口病の感染報告が増えています。今後の情報に注意してください。
【手足口病経験談】軽い発疹では済まないことも 「痛みのせいで食べられない」「歩けないくらい痛い」 お子さんと接する大人も注意 (8/11)
┗「感染症・予防接種ナビ」へ寄せられた感染症経験談を紹介します。今回は「手足口病」です。
【感染症ニュース】爪がポロッ!? 3大夏風邪の1つ「手足口病」に注意 (6/15)
┗口の中の粘膜や手・足などに水ぶくれの症状が。子どもだけでなく大人が感染することもあります。
トピックス一覧≫


経験談
手足口病の
経験談を書く

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社