【経験談】A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)経験談を表示≫

【A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)】
にゃおみん
今から30年くらい前3人の子供たちがそれぞれ発症しました。ロスアンゼルスに住んでいましたが、病院では喉の粘膜をすぐ調べてくださり、抗生物質とアセトアミノフェンを服用しました。何日間か熱が下がりませんでしたが3日くらいで落ち着いてきました。最初に病院にかかったときに先生に「治った後2週間後に必ず尿検査にきてください」と言われその通りにいたしました。何故なら溶連菌に感染したときは後になって腎臓病になることがありますので、と。昨年孫が2度溶連菌で発熱の後、病院に自ら尿検査に連れていきました。先生は「日本では尿検査に来る人はいないのですよ、よく知っていましたね」と言われました。大事なことなのに何故先生は患者に最初に伝えないのでしょう。知人は溶連菌に感染した後、腎臓が悪くなり半年入院されました。きちんと先生方は患者に伝えるべきだと思います。
東京都
2018/03/28



▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ