【経験談】カンピロバクター

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
経験談については、事業者が認めた研究機関への報告のほか、利用規約に定める範囲で二次利用させて頂く場合がございます。
※提出及び利用する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
カンピロバクター経験談を表示≫

【カンピロバクター】
おはる
10/17(日)
夕方ごろ、焼き鳥屋さんで生レバー、レア状態のハツなどを食べる

10/18.19(月)(火)
特に異変なし。少しおならが臭いかなぁ?ぐらい

10/20(水)
朝から下痢、微熱があったが、自宅にコロナの抗原抗体検査があり陰性だったので出社

20時ぐらいに帰宅し、だんだん悪寒、下痢がひどくなり、0時ごろには39度に。ロキソニンを服用するものの38度代後半。
これは死ぬやつか?と思いながら意識が遠のくが、下痢と高熱でしっかり寝られない

10/21(木)
完全にダウン。病院へ行くと案の定カンピロバクターの診断。クラリスロマイシンと整腸剤を処方される。
30分おきのトイレ、みかんを一口食べるだけで嘔吐、高熱で眠ることもできない。まさに地獄。

10/22(金)
まだ一時間おきにはトイレに
しかし食欲はもどってきて少しお腹がすき始める。あったかいそうめんをなんとか少し食べる。
熱も大分下がってきてロキソニン服用なしでも38.1度


日曜日にどうしても抜けられない仕事があるので最悪オムツか?と思いながら過ごす現在です

本当にみなさま生鶏だけは気をつけて下さい。この苦しみはこれ以上誰も味わう必要はないです(でも悔しいかな美味しいんですよね…)

大阪府
2021/10/23



▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社