【経験談】マイコプラズマ肺炎

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
マイコプラズマ肺炎経験談を表示≫

【マイコプラズマ肺炎】
どん
最初は咳が少し出るだけで軽い風邪だと思っていました。
しかし咳が出始めてから2日後の夜、突然発熱し夜中には39度まで上がりました。
そこからさらに2日、市販の風邪薬を飲んで咳と高熱と頭痛と戦いながら横になっていました。
咳が出始めてから4日後が月曜日で朝から病院に行き、胸のレントゲンと採血、更に喉の粘膜を取る検査でマイコプラズマ肺炎と診断され、抗生物質や咳止め、解熱剤などを処方され服用していました。
しかし私のマイコプラズマ肺炎には抗生物質に対する耐性があったようで思うように効果が得られず、病院にかかった次の日の深夜、総合病院の救急にお世話になることとなりました。3日間入院し、点滴で抗生物質や脱水症状を防ぐための点滴を投与してもらい、2日目からは錠剤の服用も始まり、ようやく高熱から解放され無事に3日後に退院できました。咳はまだ続いていますが、回復に向かっていると思われます。
私の場合は約1週間、解熱剤が効いている間だけ熱が下がり効果が切れるとまた熱が高くなるの繰り返しでした。咳は咳止めがほとんど効果がなかったように思いました。
秋田県
2017/09/02



▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ