【経験談】カンピロバクター

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
カンピロバクター経験談を表示≫

【カンピロバクター】
とりさし
10/25(日)居酒屋で鳥レバ刺し、サラダなどを喫食。
10/26(月)昼食でバーガーを食べて軽い吐き気。食べきれず残す。日中軽い倦怠感
10/27(火)昼食のナポリタン完食するもその後悪寒が始まる。
帰宅後16時に検温。38.3度
19時カロナール服薬 39.3度
23時半カロナール服薬(2回目 39.8度
解熱剤を飲んでも熱が下がらない。悪寒、全身痛、頭痛が激しい。全身痛は下半身が特に酷く、排尿するだけで激痛。寝てても痛い。
10/28(水)
7時 夜中は39〜40度前後。この頃から下痢が始まる。全身痛継続
8時半 胃腸内科を受診。動けず車の中で診察まで待機。
→生肉が原因の食中毒(菌の検査まではしてない)
→エコーで腸が腫れていることを確認
→エコーに大量の水分が写る(水下痢)
→解熱剤を禁止される。
抗菌剤と漢方薬を処方されて帰宅。
9時〜23時 39〜40度 水下痢が数時間おきにでる。基本的に動けない。腹痛はなく、全身痛が継続。
23時 38.8度 体がかなり軽い。意識がはっきりしてくる。
10/29(木)
5時 37度 腹痛で目が覚める。全身痛、頭痛がなくなり、軽快に動けるようになる。
5時半〜8時 10分おきに腹痛と水下痢が出始める。
8時半 37.4度 腹痛は継続。水下痢は止まる。

もう2度と生肉系は食べません。後悔しかない。高熱のときもつらいし、解熱後の腹痛もつらい。食中毒の怖さを知りました。
宮崎県
2020/10/29



▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社