【経験談】カンピロバクター

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
カンピロバクター経験談を表示≫

【カンピロバクター】
まこちゃん
娘のことなのですが、5/3(日)の夜から発熱し、翌朝38度で、腹痛、頭痛の症状あり。下がると37度台になったりして、上がったり下がったりしました。下痢は最初から水様便で、なにより、頭痛がひどく辛そうでした。
5/4(月)の夜になると、39.3度までになりました。幸いにも、かろうじて食欲は少しあり、お味噌汁や果物、ゼリーを食べて、水分を取るようにしていました。当然のことながら、コロナではないかと恐れていましたので、私は、出来る限り感染防止をして看病していました。その夜は、頭痛で熟睡はできないようで、39度を行ったり来たりでした。翌朝、本日5/5の朝は、依然として朝起きたら39度でしたので、いよいよコロナを疑っていましたが、色々調べているうちに、カンピロバクター腸炎のことに当たり、ちょうど今の時期に感染者が多いことを知りました。娘に、数日前に鶏肉を食べたかと聞いたところ、4/30(木)夜に、友人と、スーパーで鳥もも肉を購入し、焼いたそうですが、生焼けになっていることに気づいたそうですが、そのまま食べてしまったことが分かりました。最近ではコロナの感染者も相当少なくなって、感染する可能性が低いことを考えますと、症状もバッチリ当てはまり、娘はカンピロバクター腸炎の可能性大だと思っています。
コロナを疑ってロキソニンは服用できなかったのですが、カンピロバクターではロキソニンは服用は大丈夫のようで、頭痛だけどうにかしたいと、娘はロキソニンを服用したところです。とにかく、水分を補給して細菌を出すことしかないようですので、今は、そのようにして、連休明けに受診予定です。
コロナと大変、症状が似ていますので、一時は本当に恐ろしく、心配しましたが、この体験談のお陰で少し安心することができました。ありがとうございました。
愛知県
2020/05/05



▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社