【経験談】伝染性紅斑(りんご病)

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
伝染性紅斑(りんご病)経験談を表示≫

【伝染性紅斑(りんご病)】
はぴくろ
主人がお盆に原因不明の発熱、身体が痛がりました。病院に行っても結局不明。5日間熱は続き、血液検査をしたところ、白血球の数が減少していることが判明。何かのウイルスに感染したのだろうとの診断。熱が下がったら腕に赤く発疹が広がってきました。そのときはわからずにいて治癒。その10日くらい後に小学生の娘がほっぺが真っ赤になりました。熱はなし。すぐに赤みが引いたなと思っていたら腕、足にも発疹が。こちらは痒がったので痒み止めを塗りました。すぐに治ったのでなんだったのかと不明。その一週間後に6歳の息子がほっぺが真っ赤に。このときに「もしかして上の子のあれはりんご病だったの?」と疑惑が。保育園の先生に言われ受診するとりんご病だろうと診断を受けました。熱は37.1程度、他には症状ありません。今思えば主人の原因不明の熱、身体の痛み、謎の発疹、白血球の減少…これがりんご病だったのかな?と思います。しかし、保育園でもりんご病が出ていたとも聞いたのではっきりしたことはわかりません。りんご病ってあまりよく知りませんでした。無知だったなと反省しています。
静岡県
2019/09/03



▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ