【経験談】水痘(水ぼうそう)

感染症・予防接種ナビでは
経験談を募集しています。
皆様からご投稿いただきました感染症経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。
※提出する情報には個人情報は含まれません。
すべての経験談を表示≫
水痘(水ぼうそう)経験談を表示≫

【水痘(水ぼうそう)】
ひまわりマミー
年長の卒業式終わってから、何となく熱があるということでお預かり保育より帰ってから、内科にいってみました。このとき いつもの小児科は午後休診。
朝にお着替えのときにはなかったけど、診察のとき 服をめくると1つポッコリしたものが…。先生からは「水疱瘡の可能性があるから 気を付けて見てて」と。
翌日、朝には増えるのがゆっくりでしたが水疱瘡だろうとかかりつけの小児科へいきました。
このとき38℃越えていて、軟膏と点滴。
熱も次第に下がると思ってましたが、なかなか下がらず ゆっくりでしたが、水疱瘡の水疱が増えすぎて…、小児科に再診にいくと、てんかんのかかりつけである大きな病院へいくように言われ、行ったところ、「傾眠状態」と「重症な水疱瘡」ということで入院になりました。
口にできた水疱が ヘルペスとなっていて、このままでは悪化のみちを辿るということで、集中的に治療してもらいました。
あんなにひどかった水疱瘡が、きれいに(跡もなく)治りました!!
子どものことを知っている医師に、いち早く回してもらい大きな病院でも、感染症専門医の先生が、傾眠症状が強く出ていたこともあり、集中的に治療をしてもらえたからと思っています。

入院してから、10日目に退院しました。
福岡県
2015/11/19



▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ