四種混合ワクチン、三種混合ワクチン、不活化ポリオワクチン

2020年12月23日更新

各ワクチンの接種年齢・接種間隔・接種回数・接種量・接種方法

<小児における定期接種のワクチン>
定期接種の対象年齢
生後3か月以上7歳6か月未満
※標準的な接種年齢:1期初回は生後3か月以上1歳未満

接種間隔・回数
1期初回はそれぞれ20日以上あけて3回
※標準的な接種間隔:20〜56日
1期追加は1期初回の3回目終了後6か月以上あけて1回
※標準的な接種間隔:1期初回の3回目終了後12か月以上18か月未満

接種量・方法
いずれも1回に0.5mLを皮下接種

※DPTワクチンは、2018年1月29日から再び使用可能となりました。

※生ポリオワクチン(OPV)2回接種者は、ポリオ流行国渡航前を除き、IPVの接種は不要。OPV1回接種者はIPV3回接種。OPV未接種者はIPV4回接種。

出典:国立研究開発法人日本医療研究開発機構医薬品等規制調和・評価研究事業「ワクチン接種と重篤副反応の発生に関する疫学研究」予防接種における間違いを防ぐために
参考:国立感染症研究所「日本の定期/任意予防接種スケジュール」(2020年10月1日現在)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/schedule.html

関連記事
急性灰白髄炎(ポリオ、小児麻痺)とは
ジフテリアとは
破傷風とは
百日咳とは

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社