【動画】知ってアクション!感染症の予防
生まれてくる赤ちゃんを守るために〜風疹ゼロプロジェクト〜 〜EPISODE-2 風しんの定期接種 〜

2019年1月31日更新


EPISODE-2 風しんの定期接種



--斉藤さん家リビング

ばあば「パパ、本当に風しんだったらどうするの?」

お兄ちゃん 「もう僕、感染してるかもしれないよ」

お姉ちゃん 「えー、じゃあ、私も?」

ママ 「それは大丈夫よ、ちゃ〜んと2回風しんの予防接種をしているもの」

お兄ちゃん、お姉ちゃん「予防接種?」



--(回想)かかりつけの病院

先生「お姉ちゃん、こんにちは。今は幼稚園?」

パパ「来年は小学生になります」

先生「じゃあ、今日は予防接種 ・・・MRワクチンの2回目です 」

お姉ちゃん 「エムアールワクチン?」

先生「はしかと風しんっていう両方の病気に かからないようにするワクチンのことなんですよ」



--斉藤家のリビング

ママ 「あの時の注射が、 風しんの予防接種だったのよ」

お兄ちゃん 「じゃあ、僕も予防接種をしたの?」

ママ 「あなたたちは、1歳の頃と、小学校に入る前の2回、ちゃーんと風しんの予防接種をしてるのよ」



-- 子どものはしかと風しんのワクチン =MRワクチンの接種は、1回目は1歳になったらなるべく早く、そして2回目は小学校入学前の1年間に受けます。 1回の接種では免疫の獲得が不十分な場合があるため、2回の接種を受けることが大切です。





--奥田先生とワクチンくん(実写とアニメの合成)

ワクチンくん「MRワクチンは、はしかも一緒に予防できるんだね」

奥田先生「はしかもこわい病気なんですよ。 はしかは麻しんウイルスによって 引き起こされる感染症で、感染すると39度以上の高熱と発しんが出ます。肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者の1000人に一人の割合で脳炎を発症し、亡くなることもあるんですよ」

ワクチンくん「でも先生、どうしてワクチンを接種すると、風しんやはしかを予防できるの?」

奥田先生「ワクチンとは、感染症を起こす ウイルスや細菌などを弱めたもので、そのワクチンを接種しておくと、体の中にウイルスや細菌に対する抵抗力となる 「免疫」というものができるんです。それで感染症にかかりにくくなるんですよ」

-- MRワクチンの主な副反応は発熱や発疹です。他にも、じんましん、熱性けいれんなどがあります。

奥田先生「また、100万人〜150万人に1人以下の頻度で 脳炎・脳症が報告されています。ワクチンを接種する時は、 接種医の先生とよく相談して、理解してから受けてくださいね」

出演:国立病院機構横浜医療センター産婦人科部長 奥田 美加氏
協力:国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室長 多屋 馨子氏
協力:田辺三菱製薬、制作協力:日テレアックスオン、製作著作:広島テレビ
更新:2019/1/27

≪ 前へ次へ ≫
▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社