【動画】知ってアクション!感染症の予防
生まれてくる赤ちゃんを守るために〜風疹ゼロプロジェクト〜 〜EPISODE-1 風しんとは? 〜

2019年1月31日更新


EPISODE-1 風しんとは?





--斉藤家のリビング

ママ 「パパ、風しんじゃないの?」

パパ 「いやいや、風しんは、 子どもの頃かかったよ、ねえ母さん。」

ばあば「たしかにかかったと思うけど、 小さい頃だからねえ」

お姉ちゃん 「ママ、風しんってなあに?」

ママ 「風しんは、こわーい感染症よ」

お兄ちゃん 「感染症?」



--奥田先生とワクチンくん(実写とアニメの合成)

奥田先生「私は産婦人科医の奥田です。今日は、みなさんに風しんという感染症についてお話したいと思います。その前に私の助手を紹介します。ワクチンくん!」

ワクチンくん「はーい。僕は、みんなを感染症から守るワクチンくんだよ!よろしくね。先生、風しんって、どんな病気なの?」

奥田先生「風しんとは、風疹ウイルスが原因の感染症です。風しんは風しんウイルスに感染した患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」や、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」で感染します。」
ワクチンくん「風しんにかかるとどうなるの?」

奥田先生「感染すると、約2〜3週間の後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。稀に関節炎や血小板減少性紫斑病、急性脳炎などの 合併症を起こすことがあります」

ワクチンくん「先生、風しんにかかった人のそばにいると、みんな感染しちゃうの?」

奥田先生「風しんの免疫がない人たちであれば、 1人の風しん患者から5〜7人にうつるという 強い感染力があります。 感染して発しんが出る前後の約1週間は 人に感染させる可能性があるので、 知らずに感染させてしまうこともあります。 ですので、かからない予防が とても大切なんですよ」

ワクチンくん「風しんにかからないためには どうすればいいの?」

奥田先生「最も有効な予防法は、風しんのワクチンの接種を 受けていただくことです。ね、ワクチンくん」

ワクチンくん「僕の出番だね! みんな、風しんのワクチンを接種したかどうか、 パパやママに聞いてみてね」

出演:国立病院機構横浜医療センター産婦人科部長 奥田 美加氏
協力:国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室長 多屋 馨子氏
協力:田辺三菱製薬、制作協力:日テレアックスオン、製作著作:広島テレビ
更新:2019/1/27


≪ 前へ次へ ≫
▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社