【新型コロナワクチン経験談】27歳看護師 接種後に発熱・倦怠感などの副反応 「正しい情報で意思決定を」

2021年7月5日更新

半年以上前に更新された記事です。

最新の感染症ニュースはこちらから

2回のファイザー社製ワクチンの接種を終えた、関東地方の医療機関に勤務する27歳の女性看護師にお話を伺いました。

1回目の接種・不安も
1回目の接種は3月中旬でした。当時は、ワクチンに関する情報も今ほどなく、海外の「治験データ」を耳にする程度でしたので、接種前には不安がありました。職場でも副反応への懸念の声があったのも事実です。

しかし、考えた末に医療従事者として接種を希望することにしました。

接種後は、接種した側の肩が上がりにくい感じでしたが、その他の症状は特になく、接種後2日ほどで肩も動くようになりました。

2回目の接種で発熱・倦怠感など
2回目の接種は4月中旬です。午後に接種を終えましたが、その日の夕方に接種した側の肩に痛みがあり、動かしにくい状態に。続いて、夜には倦怠感・吐き気を催し、体温計で図ると熱が38℃ありました。まるでインフルエンザにかかった時のようでした。

翌日も発熱・倦怠感・吐き気が続きました。3日目の朝に熱は下がりましたが、倦怠感が軽いながらも続いていました。しかし、同時に少しずつ症状が和らいできていると感じました。4日目辺りから、体調は戻ったように思います。

2回目の接種後に副反応が出やすいと聞いていましたが、想像以上に辛かったです。

副反応について
副反応について、私の周囲に限れば、人それぞれとしか言いようがありません。発熱・倦怠感などは、年齢・既往歴・基礎疾患の有無に関わらず出現していました。副反応は出た人の方が、出なかった人より多い印象です。職場では、複数の人が接種翌日に仕事を休む状態になりました。

職域接種なども始まっています。これから接種する人がいらっしゃる職場などは、「接種後の休暇」を検討してみてはいかがでしょうか。私自身、副反応がある中で働いたので「休暇」の必要性を切に感じました。

また、過去にアナフィラキシーショックを経験したなど、接種に不安のある人は、会場の医師・看護師にその旨を伝え、相談するといいと思います。

接種を終えて
ワクチンの効果を実感することは、まだありません。接種を終えても、私自身は感染予防対策を続けています。

しかし、接種によって、1年以上続く自粛生活の活動範囲が少しだけ広がったり、安心につながるのであれば、気持ちが前向きになると思います。

新型コロナウイルス感染症は、世界の人にとっても初めての経験です。この病気と対峙している医療従事者の中にも、ワクチンを希望しない人もいました。様々な情報がある中、しっかりと考え自分自身の意思で判断できるといいと思います。

最後に、副反応は本当に辛かったですが、私は接種したことで前向きになれましたよ。

感染症予防接種ナビでは、新型コロナウイルスに感染した方や新型コロナワクチンを接種した方からの経験談を募集しています。

また、新型コロナウイルスをはじめとする感染症についての疑問やお悩みに、感染症の専門家がお答えします。

「お問い合わせフォーム」よりお寄せ頂いた疑問やお悩みについて、専門家の見解を「感染症ニュース」として公開させていただく予定です。

なお、お寄せ頂いた疑問やお悩みに全てお答えできるわけではありません。予めご了承ください。

文:感染症ニュース取材班

関連記事
新型コロナウイルス感染症経験談
【新型コロナワクチン経験談】2回目の接種後に悪寒などの副反応 「それでも接種してよかった」
【新型コロナウイルス感染症】2回のファイザー社製ワクチンの接種を終えた68歳男性の経験談
【新型コロナウイルス感染症】2度目のワクチン接種を終えた31歳女性看護師の経験談
【感染症ニュース】新型コロナウイルス感染症 2回目のワクチンを接種しました

▲ページトップへ
HOME

広島テレビ放送株式会社