梅毒 治療法や予防 一度梅毒になったからといって再感染を予防できるわけではない

2018年6月22日更新

この記事は、厚生労働省ウェブサイト「梅毒に関するQ&A」から引用しています。

Q5 どのような治療が行われますか?

A5 一般的には、外来で処方された抗菌薬を内服することで治療します。内服期間等は病期により異なり、医師が判断します。病変の部位によっては入院のうえ、点滴で抗菌薬の治療を行うこともあります。医師が治療を終了とするまでは、処方された薬は確実に飲みましょう。性交渉等の感染拡大につながる行為は、医師が安全と判断するまではひかえましょう。また、周囲で感染の可能性がある方(パートナー等)と一緒に検査を行い、必要に応じて、一緒に治療を行うことが重要です。

Q6 どのようにすれば感染を予防できますか?

A6 感染部位と粘膜や皮膚が直接接触をしないように、コンドームを使用することが勧められます。ただし、コンドームが覆わない部分の皮膚などでも感染がおこる可能性があるため、コンドームを使用しても、100%予防できると過信はせず、皮膚や粘膜に異常があった場合は性的な接触を控え、早めに医療機関を受診して相談しましょう。

Q7 無事に治療が終わりました。一度梅毒になったので、もう免疫があると考えてよいですか?

A7 梅毒の感染は、医師が検査で血液中の免疫(抗体)を確認して判断をします。感染した人の血液中には、一定の抗体がありますが、再感染を予防できるわけではありません。このため、適切な予防策(コンドームの使用、パートナーの治療等)が取られていなければ、再び梅毒に感染する可能性があります。

梅毒について詳しく見る

出典:「梅毒に関するQ&A」(厚生労働省)

関連記事
梅毒に関するQ&A
【動画】知ってなっ得!感染症の予防 妊婦と乳児に注意してほしい感染症 〜妊婦が気をつけなければならない感染症〜
【動画】知ってなっ得!感染症の予防 妊婦と乳児に注意してほしい感染症 〜母子感染〜
【動画】知ってなっ得!感染症の予防 みなさんに知って予防してほしい感染症 〜「先天性風しん症候群」とは〜
風しん・先天性風しん症候群とは

▲ページトップへ
HOME

感染症・予防接種ナビ