感染症一覧予防接種一覧
感染症アラート経験談
感染症・予防接種ナビとは
知ってアクション!感染症予防
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ

「感染症・予防接種ナビ」は、広島テレビ放送が運営しており、厚生労働科学研究「ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究」(研究代表者・鈴木基)の 「ワクチンの有効性、安全性、啓発に関する研究」(研究分担者・岡部信彦)の研究活動の一部に協力しています。
子育てに欠かせない「正しく信頼できる」感染症情報の発信と予防接種の啓発を、公的機関や専門医の監修と取材協力のもと、分かりやすく伝えるサイトです。
国民の皆様が「正しく知って正しくアクション」することを願っています。

新型コロナウイルス感染症
2019年末頃より「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」が中国の武漢市を中心に出現し、世界中で患者数が増加しています。

新型コロナウイルス感染症関連記事はこちら≫
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策
の情報はこちら≫
新型コロナウイルス感染予防啓発素材をダウンロード≫

トピックス
【シリーズ新型コロナ後遺症】コロナ後頭痛の高校生が脳梗塞? 咳・痰・頭痛・倦怠感など 臨床医が症状別治療法を解説I【第五回】 New (1/28)
┗広島市立広島市民病院 松村俊二総合診療科部長
【感染症ニュース】 インフルエンザ学級閉鎖急増 子ども間の流行が社会全体に広がるおそれも 咳・くしゃみには咳エチケットが肝要 New (1/27)
┗咳エチケットで飛沫感染を防止
【感染症ニュース】医療機関検査でコロナ陽性判明の24歳 初期症状は頭痛 当初感染を疑わなかったワケ New (1/27)
┗コロナ症状は人それぞれ
トピックス一覧≫

感染症ニュース
【シリーズ新型コロナ後遺症】コロナ後頭痛の高校生が脳梗塞? 咳・痰・頭痛・倦怠感など 臨床医が症状別治療法を解説I【第五回】

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)。

未だ原因が不明な点も多くあり、世界的に調査研究が進められて・・・
続きを見る≫
感染症ニュース一覧≫

予防接種における間違いを防ぐために
PDFで閲覧
注意してほしい感染症
No.1 :新型コロナウイルス感染症
No.2 :インフルエンザ
No.3 :感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症)
No.4 :RSウイルス感染症
※2023年1月期
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較
:インフルエンザ
:咽頭結膜熱
:溶連菌感染症
:感染性胃腸炎
:水痘
:手足口病
:伝染性紅斑
:突発性発しん
:百日咳
:ヘルパンギーナ
:流行性耳下腺炎
:急性出血性結膜炎
:流行性角結膜炎
:マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR 2023年第2週
2023年1月9日〜2023年1月15日

流行のようす
流行のようすをマップで確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)≫
インフルエンザ(季節性)≫
ノロウイルス感染症≫
RSウイルス感染症≫

感染症/経験談情報
【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)】職場であるデイサービスで、運転手から利用者へ、・・・
【カンピロバクター】2023年 1月9日月曜日 自宅で夕食の鶏肉を食・・・
【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)】子供が頭痛と37.3度の発熱のため内科で診察・・・

予防接種トピックス
10月24日より予防接種スケジュールが改定されました (2022/10/24)
風しんの追加的対策について(対象:昭和37.4.2 〜昭和54.4.1生まれの男性) (2019/4/1)
【動画解説】子育て応援団アプリ (2016/2/22)

予防接種スケジュール
PDFで閲覧

アクセスランキング
1位 【新型コロナ】家族のうち1人だけコロナ陽性になったら?トイレやお風呂の消毒は家庭用洗剤でも可能
2位 【感染症ニュース】PCR結果待ちで一家4人がコロナ感染 抗原検査「陰性」でもご用心 隔離期間経過後も2週間以上続いた咳で不安に
3位 【感染症ニュース】BA.5からBQ.1への置き換わりは? 新型コロナウイルスの流行株に変化の可能性 新規陽性者は大都市圏で増加傾向続く
4位 【感染症ニュース】新型コロナ新規陽性者全国20万人 高齢者が感染しないためのポイントは?
5位 【新型コロナ経験談】オミクロン株 圧倒的に多い喉の痛み 他にはこんな症状も
※2022年12月 月間アクセス

インフルエンザ情報
情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ

インフルエンザ患者の報告増加に伴い、全国各地で注意報 や警報が発表されています。2023年1月20日に厚生 労働省が発表した「インフルエンザに関する報道発表資料 令和5年第2週」によると、2023年第2週(1/9〜 1/15)のインフルエンザ定点あたりの報告数は全国で 7.37と前週(1/2〜1/8)の4.73から増加し ています。沖縄県では1定点医療機関あたりの患者報告数 は33.23となり、警報基準の30人を超えました。 沖縄県は、2023年1月19日に、今シーズン全国初の インフルエンザ警報を出しています。その他、福岡・佐賀 宮崎・長崎・鹿児島や大阪で注意報レベルとなっています また、定点辺りの報告数は、東京やその周辺の関東でも増 えています。感染症の専門医で、大阪府済生会中津病院の 安井良則医師は「インフルエンザは今後どこまで増えるか は予測がつきませんが、感染者の数は更に増え、警報基準 に達する可能性もじゅうぶんにあります。 九州・沖縄や 東京・大阪といった大都市とその周辺でも報告数は増えて います。2月上旬辺りまで警戒が必要です」としています

▲ページトップへ

利用規約
プライバシーポリシー
インフォメーション
商標について
お問い合わせ

広島テレビ放送株式会社