感染症一覧予防接種一覧
感染症アラート経験談
感染症・予防接種ナビとは
知ってアクション!感染症予防
「水ぼうそう・帯状疱疹」ホントのところ

「感染症・予防接種ナビ」は、広島テレビ放送が運営しており、厚生労働科学研究「ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究」(研究代表者・鈴木基)の 「ワクチンの有効性、安全性、啓発に関する研究」(研究分担者・岡部信彦)の研究活動の一部に協力しています。
子育てに欠かせない「正しく信頼できる」感染症情報の発信と予防接種の啓発を、公的機関や専門医の監修と取材協力のもと、分かりやすく伝えるサイトです。
国民の皆様が「正しく知って正しくアクション」することを願っています。

新型コロナウイルス感染症
2019年末頃より「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」が中国の武漢市を中心に出現し、世界中で患者数が増加しています。

新型コロナウイルス感染症関連記事はこちら≫
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策
の情報はこちら≫
新型コロナウイルス感染予防啓発素材をダウンロード≫

トピックス
【6月に注意してほしい感染症】 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、咽頭結膜熱、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、手足口病 New (5/29)
┗注意してほしい感染症、No1・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、No2・咽頭結膜熱、No3・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、No4・手足口病
【感染症ニュース】乳幼児の予防接種はとても大切 新型コロナウイルス感染症流行下でも可能な限り適切な時期に子どもたちへの接種を(麻しん(はしか)、風しん、水ぼうそう(水痘)、おたふくかぜなど) New (5/28)
┗新型コロナウイルス感染症の世界的な流行の影響により、日本のみならず世界中で乳幼児への予防接種率が下がってきていると言われています。お子様の定期予防接種の実施がやむを得ず遅れてしまっている方々は、可能な限り適切な時期に実施するようお願いします。
【感染症ニュース】新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 緊急事態宣言は解除 全国的に患者数減少も第2波以降に要注意 New (5/27)
┗新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者数は全国的に減少が見られ、日本政府は25日、緊急事態宣言を解除しました。一方、世界的な流行は続いており、特に南半球の国々では今後患者発生数の急増が危惧されています。日本でも秋から冬に流行再燃の可能性が高いと指摘する専門家も少なくありません。
トピックス一覧≫

感染症ニュース
【感染症予報】6月に注意してほしい感染症 No1・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、No2・咽頭結膜熱、No3・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)、No4・手足口病

6月に注意してほしい感染症

【No1】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)…ゴールデンウィーク以降、患者数は全国的に減少が見られ・・・
続きを見る≫
感染症ニュース一覧≫

予防接種における間違いを防ぐために
PDFで閲覧
注意してほしい感染症
No.1 :新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
No.2 :咽頭結膜熱
No.3 :A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)
No.4 :手足口病
※2020年6月期
監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏

過去5年間の同時期との比較
:インフルエンザ
:咽頭結膜熱
:溶連菌感染症
:感染性胃腸炎
:水痘
:手足口病
:伝染性紅斑
:突発性発しん
:百日咳
:ヘルパンギーナ
:流行性耳下腺炎
:急性出血性結膜炎
:流行性角結膜炎
:マイコプラズマ肺炎
情報元:IDWR 2020年第20週
2020年5月11日〜2020年5月17日

流行のようす
流行のようすをマップで確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)≫
咽頭結膜熱≫
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎≫
手足口病≫

感染症/経験談情報
【カンピロバクター】1〜2日目:お腹の不快感と下痢ぎみ。一時的で・・・
【マイコプラズマ肺炎】前日夕方にいきなり寒気、夕食あとうたた寝・・・
【伝染性紅斑(りんご病)】今、コロナで学校お休みで引きこもりの中、高熱4・・・

予防接種トピックス
風しんの追加的対策について(対象:昭和37.4.2 〜昭和54.4.1生まれの男性) (2019/4/1)
4月1日より予防接種スケジュールが改定されました (2019/4/1)
【動画解説】子育て応援団アプリ (2016/2/22)

予防接種スケジュール
PDFで閲覧

アクセスランキング
1位 【感染症ニュース】新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 症状ある人の約80%が軽症 国をあげた感染予防策は重症患者へ十分な医療を届けるために必要
2位 【感染症ニュース】新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 症状のある人の約8割が軽症 感染症対策の基本である手洗いをしっかり実施しよう
3位 【感染症ニュース】インフルエンザ 推定患者数は約144,000人と5週連続して減少 全国の学校の休校の影響により流行は収束傾向となると予想
4位 インフルエンザパンデミック(新型インフルエンザ)とは
5位 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
※2020年4月 月間アクセス

インフルエンザ情報
情報元:日本医師会、日本薬剤師会、日本大学薬学部、(株)EMシステムズ

※今シーズンのコメントの更新は今回が最後となります インフルエンザ 患者数は8週連続で減少 インフルエン ザの流行は収束を迎えつつある (更新:2020/3/26) インフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約2万人と なり、8週連続で減少しました。また、週明けの月曜日の 推定患者数は約3千人と前週の月曜日の値を下回っており インフルエンザの患者数は更に減少していくものと予想さ れます。1週間当たりの患者数は全国的な流行の指標であ る3万人を下回って2万人であり、インフルエンザの流行 は収束を迎えつつあります。 (監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長・国立感染 症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏)

▲ページトップへ

利用規約
プライバシーポリシー
インフォメーション
商標について
お問い合わせ

広島テレビ放送株式会社